« 秋の気配 | トップページ | 10月14日の夢 »

2009年10月14日 (水)

他県を旅行するたびに思ふ

ちは
昨日、海老様 博多座公演から帰宅ゐたしました、りゐべです。
博多、お魚美味しう御座ゐました。
ラーメンも美味しう御座ゐました。
なあんか
悲しくなりました
といふのは
以前、九州の++県といふところに行つた時に
「うちの息子が東京の大学に行つてゐるけど、帰つて来たらまず刺身が食いたい
つて言ひますね。東京の刺身は刺身ぢやないつて言つてますよ」
・・・・・・ あたくし、東京から来たんですが
・・・・・・ 「江戸前」の語源ご存知でせうか? あたくしが聞いてゐる限りでは
東京湾(当時江戸湾)で取れた魚を載せてさつと握つて、短時間で腹を膨らませるための
目的でにぎりが出来た。
使つてゐるネタが江戸の前にある海から取つて来てゐたので「江戸前」となつた
なのに
東京の刺身は刺身ぢやない = 東京の寿司が不味いつてことですよね?
だうして、「不味く」なつたのでせうか?最初から不味かつたのでせうか?
知りませんが
東京は人が多い
これもよく聞かれる文句ですね・・・・ ご自分が出てきて東京の人口を増やしてゐることに
お気づきでせうか?
大学くらいから東京出てきて、みずから出てきて、東京の文句を言つて東京とその近辺に
住宅をご購入される方々
お気づきでせうか?
あーたらが、東京を汚してきたことに
「引退したら田舎に帰へる。やつぱり田舎がいい」としてお帰りになる方々・・・・
なあんかお花見して、お花見の場所にごみを捨てて帰へる方々と
同じに見えます。
勝手だよな・・・・ としみじみ思ひます。
博多座で食した「助六寿司」 この九州のお店が 「江戸前」と謳つてゐることに大変複雑な気がしたりゐべでした。

|

« 秋の気配 | トップページ | 10月14日の夢 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事