« 1Q84を読んでゐます | トップページ | 原酒の季節 »

2009年10月 8日 (木)

大賛成!!

通訳の勉強をしてゐたときに思つたけど

英語ができても日本語が出来ない馬鹿は日本に要らない。

変な日本語など話すやつは日本には要らない。白洲次郎氏の本、図書館で借りるか

【40×40】潮匡人 日本人なら日本語で

2009.10.8 07:30
このニュースのトピックス:言語・語学

 10月1日付当欄で宮嶋茂樹氏が「温室効果ガス25%削減、核兵器廃絶……。できもせんことを国際社会に約束してしもうた」と軽妙な語り口で鳩山首相の国連演説を揶揄(やゆ)していた。私も同感だが、あえて、演説の内容ではなく、言葉にこだわろう。

 1951(昭和26)年9月、サンフランシスコ講和会議で調印式の後、吉田茂首相が受諾演説をする予定になっていた。会議に随行していた白洲次郎は予定原稿を「一目見るなり渋面を作った。英文だったからである」。

 白洲は外務官僚を叱責(しっせき)した。

 「講和会議でおれたちはようやく戦勝国と同等の立場になれるんだろう。その晴れの日の演説原稿を、相手方と相談した上に相手側の言葉で書くバカがどこの世界にいるんだ!」(北康利白洲次郎 占領を背負った男』)

 北氏は、白洲が「外務省の役人の身体に染みついた“植民地根性”にあきれ返った」と描写する。以上を原作に先月、NHKがドラマ化し放送した。多数の日本人が視聴したはずだが、なぜか、声が上がらない。

 「日本人は日本語で堂々とやればいいじゃないか!」(同前)

 58年前に白洲が抱いた感覚を、わが同胞はいつ喪失したのか。聞けば、英語演説は、鳩山首相の意向だったらしい。鳩山内閣に白洲次郎は一人もいないのか。

 原作本は、吉田演説の予定原稿を「内容も問題だった」「まるでGHQに媚(こ)びているかのごとくである」と白洲が憤慨した様子も描く。国連は英語でUN、連合国もUN。GHQはその総司令部に他ならない。日本政府は58年前と同じ過ちを犯した。

 白洲に代わり、「バカ」と諫言(かんげん)しよう。これが「対等な日米同盟関係」なのか。対等どころか、「植民地根性」丸出しではないか。日本人は日本語で堂々とやれ!

 失礼。鳩山首相は宇宙人らしい。次回は宇宙語で演説するに違いない。(評論家)

|

« 1Q84を読んでゐます | トップページ | 原酒の季節 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事