« 町の風景を少し・・・ | トップページ | けふの空 »

2009年12月12日 (土)

嘘つき民族の次の手を体験ゐたしました

ちは
だうしても、イライラして やはり書くことに決めたりゐべです。  Grrr
皆さん御存知のとおり、あたくしは「嘘つき民族」が大嫌いです。  Mean
特に、歴史的事実をねじまげ嘘を国を挙げてでつち上げ、「謝罪」「補償」等々いつまでも
「嘘」についてしつこく繰り返し、またその嘘を「被害者++万人」と毎年膨らませるこの卑しさと図々しさには我慢がなりません。  Pissed
そんでもつて、そいつらは、
日本が嫌い
日本人がキライ
とホザゐておきながら自分達は
日本語を喋り
日本に居住し、日本から離れても日本に帰国し
日本人の名前を名乗りほんたうの名前を隠し、日本人のふりをします。
ついでに言ひますと、そいつらは、日本文化の寿司をよく食べに現れ「寿司大好き」などと
ホザきます。
そして通常の話題の中で「日本もしくは日本人の悪口(特に歴史関連)」を言い出し
「日本人て本当に悪いことをしたわよねえ」などと言ひます。
この間、すし屋でそのやうな嘘つき民族の女に遭遇ゐたしました。
その女は最初は日本の悪口は言つてをりませんでしたが、突然店長に向かつて言ひだしました。
客はあたくしと別の日本人2人です。
かちいん
あたくし 「もふさう言ふの止めたら」
しいんとなると同時に、その女はかなりの常連らしく店もその女の肩を持つやうでした。
女 「さういふのつて?」
あたくし 「日本がキライなのに日本にゐることですよ」
女 「だからあたし、カナダに住んでるもの」
あたくし 「ぢや、なんで帰つて来てんの?」
女、店 絶句
あたくし 「日本がキライと言つて日本人の名前名乗つて日本に帰つてきて日本文化の寿司食べに来て、どれだけ自分がおかしいことやつてゐるか気付いたらだうです?」
それからのやりとりは、あたくし正確には覚えてをりません
しかし、その女は既にネツトにてバラされてゐる「日本人の悪行嘘」を並べ始めました。
あたくし 「ああ、そんなのもうとつくにネツトで嘘だつて証明されてますよ。昔ならその嘘が
通じたかもしれませんがね、今学校で嘘を教えてても本当の名前を名乗つてほんたうのことを言つてゐる人がゐるんですよ。嘘を吐いてもどんどんバラされちやうんだから、今そんな手なんか通用しないですよ」
ここで、女の新たな「手」を聞きました。
女 「あなた右翼なんだ」
あたくし 「へえ。今度はそんな手で来るんですね、これは勉強になりました。 右翼かだふかといえば右翼にもなるし左翼にもなりますね。肝心なことは正しいことは何かつてことですからね」
ここでまたなんだかやりとりがあつたが、女はあたくしに女の分の勘定を払へと言ひました。
まあ、すごいことを次から次へと思ひつくものだと感心ゐたしました。
あたくし 「なんで勘定払ふの」
女 「あんたのおかげで不愉快になつたからよ」
店、ここで頷く。
あたくし 「それを言ふなら払ふのはあなたですね。あなたが日本に来て日本人の悪口なんか言ふからあたくしが不愉快になつて今こふなつてゐるんですからね。ついでに言ふならあなたが悪口なんか言はなければここでこんなこと言はれづに済んだことですよ」
しいん
あたくし 「嘘吐くの止めたはうがいいですよ。嘘つて必づバレるんですよ、どんなに巧く吐いたつもりでも真実つてどこからか必ず出てくるんですよ。一度嘘を吐いたらもふ次から信用無いですからね。ついでに言ふと悪口も止めたはうがいいですね。今まであなたの悪口で不愉快になつた人が居るんぢやないんですか?その人たちは黙つてお金払つて帰つたんでせうから、あなたがまづその人たちの分を払ふべきですね。さうしたらあたくしもあなたの分払ひますよ」
しいん
あたくし 「日本人あまりこんなこと言はないですけどね、あなたの言ふことは聞くに耐へないですよ」
ここでなんかまた言ひ返してきた
あたくし 「別にあなたが何人だらうとそんなことはだふだつていいんですよ、でもねオガワなんて日本人の名前名乗つてないでほんたうの名前名乗つたら?」
ここで女は席を立つて店を走り出て行きました
女将が追いかけたところ 「あの子にあたしは中国人でも朝鮮人でもないつて言つておいて!」と叫んでゐるのが聞こへたが
だから~ 何人だらうといいと言つてゐるだらう。ほんたうの名前名乗りやいいんだよ。
それがそんなに出来ないことなのか
ここで、他の日本人と思はれる女性客は、笑いを必死に堪へてゐるやうな表情をしてゐた
ま、おかしいわよね
あまり見られない見世物ですものね・・・・
勘定?
店に聞いたらあたくしの分しかないつてから 「あの人の分払ひますよ」と言つたのですが
いいと言つてゐました。
あたくしはもふ あの店には行きませんが
あのお店は「一見さんお断り」にすべきですね。
だつて
常連があんな日本人の悪口を言ふやうな人たちばかりなのなら、新規に何も知らづに行つた日本人の顧客は不愉快な思ひをするだけです。
そんでもつて、あの女のやうに「不愉快になつたから金あんたが払へ」とは言はづに自分たちで払ふのですからね。馬鹿馬鹿しいつたらありやしない。
しかも
悪いけど
そんな美味しくないよ、ネタケエスがなく高級気取りだつたけど
一口目で 「嗚呼美味しい!!」と思ふネタは無かつたよ
「なみだ」を知らないみたいだつたのは驚ひたなあ・・・ 
山葵を摺つてゐたから、その山葵が美味しいからそれで何か造つてと言つたらびつくり
してゐた
出てきたのは造りと山葵 ・・・・・・
あの女の嘘つき民族客の話が好きなのだつたら
嘘つき民族で
日本が嫌いなのに
日本に居住して
日本人の名前を名乗つて
日本文化の寿司を「生業」にしてゐる
最低の嘘つきだなあ   
だふなんだろ??? 

|

« 町の風景を少し・・・ | トップページ | けふの空 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事