« それを捨てるの?! | トップページ | お誕生日おめでたうござゐます »

2010年1月 3日 (日)

新幹線の自由席乗車券販売に思ふ

けふ、京都から帰つて来たけれど
のぞみ 東京行は自由席の混雑で乗車時間がかかり到着が約5分遅れてゐるとアナウンスがありました。
京都駅に着いた「のぞみ」車内を見てびつくり・・・・・・
他の人が「え、ここ6号車だろ?」
同じこと思ひました。 6号車=指定席車両なのに立つてゐる人たちが居る。
デツキにも溢れてゐる・・・・
果たして、自由席車両に乗り切れずに指定席車両にも立つてゐる人たちがどの車両にも・・・・
そして、京都を出たときに10分ほどさらに遅れ、名古屋に着くまでに15分遅れました。
京都を出たときに名古屋到着見込みの遅れを在来線接続の件にもふれ、きちんと接続できるやうに
手配中とアナウンスがありました。
しかし・・・ 名古屋到着は遅れ見込みをオオバアしてゐた。
アナウンス 「在来線*** 号に接続できませんでした。 ***号を予定されてゐた方は+++号に
お乗りください」 
発車時間は1時間くらい後。   Shock 3 
これ、酷いんぢやあない?
だつて乗車券の販売を「適正」にしておけば、自由席の乗車時間で遅れが拡がることも
なかつただらうし、乗り継ぎの人たちはちやんと乗れたぢやないですか?
前から思つてゐたが、「乗車率200%」とかおニュースすることではなくて、「販売上限数」を設定して
遅れが出ないやうにすべきでは?
りゐべの席は窓側だつたので、普通に座つてゐましたが通路側の人たちの席では立つてゐる人たちが
寄りかかり、頭の辺りに腰があつたりして居心地が悪さうでした。
急停車があつた時など、安全は大丈夫なのかも気になりました。
JRに検討してゐただきたいと思ひます、自由席乗車券「販売上限数」。
↓ 下記は関係ないけど、これ見て思ひだした

たこ糸?で「のぞみ」東京駅出発できず Uターン客ら3万8000人に影響

2010.1.3 19:27

 3日午後4時25分ごろ、JR東京駅(東京都千代田区丸の内東海道新幹線ホームで、出発前の東京発博多行き「のぞみ45号」の12号車のパンタグラフにたこ糸のようなものがからまっているのを、駅員が見つけた。

 このため架線の電流を止めた上で、作業員らが回収作業を行った。この影響で、のぞみ45号の出発が55分遅れたほか、東海道新幹線の上下25本に最大27分の遅れが出て、Uターン客など約3万8000人に影響した。

|

« それを捨てるの?! | トップページ | お誕生日おめでたうござゐます »

だうでもいひ話」カテゴリの記事