« え?? | トップページ | けふの夢 »

2010年1月27日 (水)

自然の恵み

ちは
先日、切り昆布を入れて塩・三温糖で味付けしたでえこんの美味さについて、ホザきました。
けふ、でえこんに人参・鶏モモを入れて煮てみました・・・ 
鶏モモは、脂が多く、「出汁」をとるのによいと思ひます。
・・・・・・ 美味い
昆布、でえこん、人参、鶏モモをテキトーに切つて鍋に入れ、水を少しかぶるくらいにして
塩と三温糖を入れ落し蓋をして煮る。
温まつて味見をしたときに「少ししよつぱいかも」位がよし。
鶏モモの灰汁をちらちらとりながら、約1時間煮る・・・・・・
その後~
美味い
美味い
塩と昆布と三温糖に導き出された「自然の恵み」
ううむ・・・
今度は塩の代わりに醤油で挑戦してみやう
てか
切り昆布と塩でこんなに美味いのなら
「化学調味料出汁の素」なんか要らないな・・・・
だつて、切り昆布を素材と一緒に放りこんで煮るだけでこんなに美味い、出汁の素より美味いだつたら、昆布とけずり鰹節を放りこんで煮るだけでいいのでは???
ちよつと、生活に関しては少しずつ「原始」」に帰らうと思ひます。

|

« え?? | トップページ | けふの夢 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事