« 鳩山氏は「私人」と「公人」の区別がついてない | トップページ | けふのお夕食 »

2010年1月22日 (金)

呆れます

鳩は馬鹿だ。

受験勉強はできるのだろうけど、頭が悪い見本だ。

今まで丸++代、高+++こや菊++等がゐたけど鳩も同じだ。全員東大なのが笑へる。

鳩は公人と私人の区別がついてゐないから「戦つて下さい」「石川が起訴されないやうに望む」とか

言ふうのだと思つてゐた。

しかしさつきの国会で「母からの莫大な金を何に使つたのか明らかにせよ」と言はれて

「プライバシーの侵害に当たる範囲を除いて公開を考える」と返答してゐた。

総理大臣で資産公開されてるオマエがプライバシー有るわけないだろ!

天皇にプライバシーがないと言ひ放つた政党の党首が自分のプライバシー

保護しやふとしてるんぢやないよ!!

しかも、下記の数々・・・ 素人集団かよ? 自民党のはうが可愛げがあつた。

首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」

2010.1.22 13:46
このニュースのトピックス:政治資金・政治献金

 鳩山由紀夫首相は22日午後の衆院予算委員会で、野党時代に「秘書の責任は政治家の責任」と述べていたことについて、「秘書と政治家が同罪ということを言ったのではない」と釈明した。首相は自らの資金管理団体の偽装献金事件で元公設秘書在宅起訴されたが、自身の過去の発言を修正した格好だ。一方、首相は「秘書が行ったことに関して政治家が何らかの罰、責任を感じるのは当然だ」とも述べた。公明党の井上義久幹事長の質問に答えた。

首相は4文字熟語に弱い? 朝三暮四と朝令暮改を混同

2010.1.22 10:33

このニュースのトピックス:鳩山内閣

 鳩山由紀夫首相は22日午前の衆院予算委員会で、「朝三暮四の意味を知っているか」と尋ねられ、「よく知ってます」と前置きした上で「朝令暮改」の意味を説明、とんだ赤っ恥をかいた。

 自民党の茂木敏充幹事長代理が、麻生前政権が昨年4月に成立させた平成21年度第1次補正予算の一部を鳩山政権が執行停止した一方で、第2次補正予算案に停止した事業を盛り込んだと批判する狙いで、朝三暮四の意味をただした。

 ところが首相は「朝決めたことと夜決めたことがすぐ変わるという意味で、あっさりと物事を変えてしまうことだ」と自信満々に語った。

 朝三暮四は、猿にトチの実を朝に3つ、暮れに4つ与えると言ったら猿が少ないと怒ったため、朝に4つ、暮れに3つやると言ったら喜んだという中国の故事。茂木氏は「朝と夕で数を変えることでごまかすということだ」と政府を批判した。麻生太郎前首相は漢字の読み違いを連発し、「漢字が読めない首相」として内閣支持率低下の一因になった。

 民主・石井氏らに批判殺到 首相への「漢字テスト」

2009.1.21 23:02

麻生首相に漢字パネルを示しながら質問した民主党の石井一氏=1月20日午後1時19分、国会・参院第一委員会室(酒巻俊介撮影)麻生首相に漢字パネルを示しながら質問した民主党の石井一氏=1月20日午後1時19分、国会・参院第一委員会室(酒巻俊介撮影)

 20日の参院予算委員会の質問で、民主党の石井一副代表が麻生太郎首相に「漢字テスト」をした直後から、石井氏や同党本部に苦情が相次いだ。

 関係者によると、21日までに電話や電子メールで寄せられた声は「経済が大変なときに税金を使って何をやっている」「何の目的があるのか」といった批判的な内容が大半。民主党支持者と名乗る人からは「そんなことで政権がとれるか」と厳しい注文がつけられたという。

 民主党本部はこの件については「答えられない」としているが、中堅議員は「失敗。党のイメージが悪くなる」と渋い表情だ。

何問読めるかな?石井氏の漢字テスト

 インターネットでも、ニュースブログサイトの「イザ!」では21日現在、このニュースに129件の意見が寄せられた。「国会でまともなことを話しなさい」「国会をバラエティー番組にしたのか」などでの内容で、「2ちゃんねる」にも同様の書き込みがあった。

 石井氏は20日の参院予算委で、首相が月刊誌に寄せた手記中から12の漢字・熟語を抜き出し「あなたの漢字力からして、誰かが書いたと思わざるを得ない」などと指摘した。

普天間問題で首相「結論先送りしてよかった」

2010.1.22 18:18

 鳩山由紀夫首相は22日の衆院予算委員会で、米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先の決定時期について、「昨年末までに結論を出していたらどうなっていたかと考えたとき、5月末まで(に決める)という形にして、今は良かったと思う」と述べ、結論の先送りを正当化した。

 24日に投開票が行われる同県名護市長選を前に、現行のキャンプ・シュワブ沿岸部(同市辺野古)への移設計画に対し、反対論がある沖縄の県民感情に配慮したことを強調したかったようだが、現行計画での早期決着を促してきた米政府の神経を逆なでしかねない発言といえる。

 首相は「5月末までに米国とのすり合わせを行い、最終的な政府案として必ず結論を出す」とも述べ、同月中の決着を図る決意も強調した。

 首相は結論先送りを決めた昨年12月にも、「日米の合意の重さと沖縄の県民の強い思いを同時に考えたとき、今すぐに結論を出せば必ず壊れる」と述べていた。

原口総務相「取材源明かせとは考えず」

2010.1.22 17:27

 原口一博総務相は22日の衆院予算委員会で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件に関し「『関係者によると』という報道は不適」との自身の発言について、「取材源を明らかにしなさいということは一切考えていない」と述べ、「関係者」の実名を明らかにしろという意味ではないと釈明した。その上で「不確かな情報によって巨大な資本が一色に人を追い詰めてはならないということを言った」と述べた。

|

« 鳩山氏は「私人」と「公人」の区別がついてない | トップページ | けふのお夕食 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事