« 配慮の無い行動 | トップページ | 海老様十役早替はり »

2010年1月 6日 (水)

初春大歌舞伎 (歌舞伎座)

ちは
歌舞伎座で、新春大歌舞伎昼の部を観劇して参ゐりました。
観劇の前に、築地市場内に鎮座されてゐる「水神社(すいじんじや)」へ御参り。
1月6日は御祭なのださうです。 お詣りしたら、御神酒をゐただきました。
そして、築地市場門の横に鎮座されてゐる 「波除稲荷神社」にも御詣り。
本社の前の、輪を3回くぐつてお祓いしてから参詣します。
双方の神様に「今年もお魚の命を大事にゐただきます」とお伝えしました。
お魚、たくさん食べたいな!!  Sushi Fish
歌舞伎座は、あと115日で建替えのため取り壊しとなるので、このお姿でのお正月は最後!!
歌舞伎座は、お正月らしく・・・・・

両方入りきらなかつたけど、門松。

見事な鏡餅 

凧と羽子板  
参演目目が終了し、最後の演目への幕間(20分)には消防の方々によるお正月の出初がありました。人がたくさんゐて撮れなかつたけど、
瞬間のみ。
外の演目紹介のところにも、お飾
演目
一、春調娘七種 (はるのしらべむすめななくさ)
曽我五郎(橋之助)、曽我十郎(染五郎)、静御前(福助)によるご祝儀舞踊。 
二、梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり) 
鶴ヶ丘八幡社頭の場 
梶原平三景時(幸四郎)は大庭三郎景親(左團次)、俣野五郎景久(歌昇)兄弟と
鶴ヶ丘八幡宮へ参拝する。そこへ、青貝師の六郎太夫(東蔵)と娘の梢(魁春)が大庭に刀を売りに来る。
大庭は梶原に刀の目利きを頼み、梶原はまれに見る名刀といふ。
俣野は大庭に試し切りを勧め、死罪の罪人を二人重ねた「二つ胴」が行なはれるが、斬られたのは一人だけ。
この刀にまつはる話とは・・・
三、 歌舞伎十八番の内 勧進帳
武蔵坊弁慶(團十郎)の進言によつて、源義経(勘三郎)は強力に家臣らは山伏に姿を変へて都を落ち、奥州へと向かふ。富樫左衛門(梅玉)が関守を務める加賀国安宅の関へさしかかつた一行は東大寺再興の勧進僧と名乗るが通行は許されない。富樫は弁慶に勧進帳を読むやうに命じる。弁慶はあるはづのない勧進帳を取り出し、朗々と読みあげ一度は通行が許されるのだが・・・
四、秀山十種の内 松浦の太鼓 
師走のある日、俳人の其角(歌六)は両国橋で煤竹売りに身をやつした門下の俳人、赤穂浪士の大高源吾(梅玉)に会ふ。其角が「年の瀬や水の流れと人の身は」と詠みかけると、源吾は「あした待たるるその宝船」と付句して去る。
翌日、其角の門人松浦鎮信(吉右衛門)は其角を招き近習者たちと句会を催してゐる。 その席にて其角が源吾に会つたことを鎮信に話すが、大石内蔵助が吉良上野介を討たないと業を煮やす。そこで其角が源吾との句のやりとりを鎮信に話す折しも、隣の吉良邸から山鹿流の陣太鼓が鳴り響く。
この太鼓の意味と、源吾が付句の意味は・・・
「秀山十種の内 松浦の太鼓」は、忠臣蔵の別の目から見たお話。
有名なのは、仇を討つ赤穂浪士たちの見方の話だがこのお話は回りの武士たちの見方の話。
吉右衛門扮する松浦鎮信は、吉良上野介の隣に住んでゐる。そこで、いつ大石内蔵助たちが仇を討ちにくるのか今か今かと待つてゐる・・・・
この視点からのお話。かのやうな話があるのを初めて知つたが、このお話は大変よかつた。
初代吉右衛門の当り役とのことです。
「勧進帳」 こちらは、もう有名ですよね。ドラマにもなつてゐるし・・・・
團十郎丈だけでなく、他家でも演じられてゐます。
團十郎丈、海老様の巴里オペラ座で演じられた勧進帳を拝見したのと、團十郎丈が監修された「團十郎の歌舞伎案内」を拝読して、是非團十郎丈の勧進帳を観たかつた。 けふは念願かなつてよかつた~!
「團十郎の歌舞伎案内」の團十郎丈のコメントを思ひ出しながら拝観しました。 
飛び六方は、海老様とはやはり違い、丸みがあるなあと思つてみてゐました。海老様の場合は、「迫力!」なのですが團十郎丈の場合は、「迫力」よりも「時がゆつくりと進む」感じ・・・・・・ですかね・・・ うまく言へないが。
昨年は海老様追つかけのやうに、市川宗家のお家芸を観てまゐりました。
けふ、他家の芸も拝観して「市川宗家の荒事」は特別なんだなあと思ふと同時に、いろいろ他家の芸も一緒に拝観するのもいいなと思ひました。
甘味が食いたくなつたので、あんみつにしやうかジエラアトにしやうか、考えつつ三越へ・・・・ 
セールだつたけど、あまり欲しいものがなくて何も買はづ。 
なあんか、コ○○の服、昨年から急に質が落ちた。
景気悪くなり始めましたね~といふ頃の服から急速に質が落ちて、値段がそのままなのでなんか買ふ気がしなくなつた。2着ばかり前に買つたけどサアビスカアドも其のとき使つたので、今回無理に買ふこともないし・・・
あんみつ買はうかと思つてたら、見つけたのがこれ 
三層になつてゐる。
食べかけは、「和三盆」 真ん中が「黒糖」、右が「きな粉」
和三盆、美味しかつた~
商品の紹介はこちら ↓ 
また買はうかな。チイズケイキが三越限定だつたとは!! 買つてくればよかつた・・・
明日は海老様の十役早変わり、「伊達の十役」 拝観です!!
楽しみ ~   Way Too Happy

|

« 配慮の無い行動 | トップページ | 海老様十役早替はり »

文化・芸術」カテゴリの記事