« 税金といふものは、怠け者のために使はれるものではない | トップページ | 「指導者論」を読み、歌舞伎を見て考えたおホザキ その弐 »

2010年1月11日 (月)

は?

汚沢はやはりまともではない。献金事件て、嘘の記載した「犯罪行為」でせう? そんなのが出てきたら党首どころか国民の代表を努める国会議員の辞職も当然なのに、何逆恨みしてゐるの???
民主党の渡部恒三元衆院副議長は10日、テレビ朝日番組に出演し、小沢一郎幹事長に対し、確執を解こうと呼びかけた。

 渡部氏は「去年、私は小沢君に党首の座は休んでほしいと言った。藤井君も同じ考えを言ったためちょっと恨まれた」と述べ、西松建設の献金事件に絡み党代表辞任を求めた渡部氏と藤井裕久前財務相に対して、小沢氏が怒っているとの見方を示した。

 そのうえで「だんだん忘れてほしいなあ。日本のために、民主党のために頑張ろうということでは共通しているから。もう去年のことは、小沢さん、忘れましょう!」と呼びかけた。

 渡部氏は「今、日本一の実力政治家になって小沢君が評価されているのは、あのとき党首の座を休んでくれたからだ。だから小沢君に私は感謝されていいと思ってる」とも述べた。

 辞意を示していた藤井氏から「心身ともに疲れてしまった」と電話で伝えられたことも明らかにした。

|

« 税金といふものは、怠け者のために使はれるものではない | トップページ | 「指導者論」を読み、歌舞伎を見て考えたおホザキ その弐 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事