« けふの夢 | トップページ | ずぼら料理 応用編 肉豆腐 »

2010年2月 1日 (月)

吉田兄弟 10周年記念 三味線だけの世界

ちは
きのふは、「吉田兄弟」のライヴに行つて参ゐりました。
10周年記念といふことで、三味線だけで行なはれ現在もツアアが続いてをります。
↓ ご参照くださいまし。
以前のライブはドラム、ギター、キーボード、バイオリン、尺八等々多数のゲストを迎えて
「バンド」のやうに和洋様々な音楽を聴かせてくれましたが、今回は2人だけで三味線に
徹底してゐました。
津軽三味線の楽しさといふか、音色の美しさを堪能できてよかつたです。
撥で弦を弾きつつ、三味線を打つて奏でるといふ、「弦楽器」と「打楽器」の融合のやうな音色は楽しいなあと思ひました。
お兄さんの良一郎さんは、中学の授業参加へも活動の一環として各学校を廻られてゐるさうです。
兄弟といふのは面白ひもので、「同じ両親の遺伝子」から生まれてゐますが、「別の人格」であり性格などもかなり違ふことも多々ある。
今回は2人だけで演奏されたので、その性格の違ひが演奏にでてゐたと思ひます。
最後に、マイクを通さずに「生の三味線」の音で演奏してくれました。
本来の三味線の音は「軽快」なんだなといふ印象を受けました。 マイクを通すと音が膨脹してしまふやうな気がゐたしました。
今後のライブはできるだけマイクを通さずに演奏してゐただけたらいいな、と思ひました。

|

« けふの夢 | トップページ | ずぼら料理 応用編 肉豆腐 »

文化・芸術」カテゴリの記事