« 吉田兄弟 10周年記念 三味線だけの世界 | トップページ | 国会中継を見てゐるが・・・・・・ »

2010年2月 1日 (月)

ずぼら料理 応用編 肉豆腐

ちは
本日のお料理教室は、「ずぼら料理 応用編」でござゐます。
ずぼら料理は、出汁の素と具を一緒に味付けして煮付けるものが基本ですが
今回はその応用編、肉豆腐でござゐます。
応用編のポイントは!!
少し手間をかけませう。
具と一緒に煮るのが本来のスジなのですが、肉豆腐の場合は「出汁」を先に取ります。
昆布と鰹節を小鍋に入れ、水を入れて加熱し沸騰したら弱火で暫くそのまま・・・
鰹の香りがしてきたら火を止めて放置
これで出汁汁ができあがりました (注:ずぼらなので、本来の出汁取り方に反してゐてもしりません)
肉豆腐に入れる具をフライパンで炒める
葱、しらたき、肉等々お好みの具を炒める
具が炒まつてきたら、出汁を出汁の素の昆布と鰹節と一緒にがん!と投入 (飛び散らないやうに注意)
みりん・酒・醤油で味付け
出汁汁はこの時点で冷めてゐるので、煮立つてきたら豆腐を入れ、一煮立ちさせる
できあがり
フライパンごとおテエブルで、好きな量を余所つてすき焼きのやうに食べませう
先ほど、七味を散らして食しましたが
美味い!!
やはり、化学調味料では絶対に出せない鰹節の旨味、昆布の旨味!!
美味い~
止められない 
ちなみに、豆腐はこれがお気に入り・・・ お安いのに、美味い!!

|

« 吉田兄弟 10周年記念 三味線だけの世界 | トップページ | 国会中継を見てゐるが・・・・・・ »

だうでもいひ話」カテゴリの記事