« ずぼら料理 応用編 肉豆腐 | トップページ | けふの夢 »

2010年2月 2日 (火)

国会中継を見てゐるが・・・・・・

先程の自民党改革クラブ 谷川氏の質問は、民主党政権が発足してから一連の事件に関し、あたくしのずつと思つてゐたことをすべて代弁してくださつてをり、大変素晴らしうござゐました。
鳩山氏の答弁を拝聴ゐたしましたが、この人の答弁は全く論点がずれた返答であります。
鳩山氏は、「繰り返し返答してゐる」と思はれ多少イライラされてゐるのかもしれませんが、だうしてこの同じ質問が人を変えてなされるのかのほんたうの理由をご理解されてゐないやうに思ひます。
例えば:
1.逮捕された石川議員、検察から事情聴取を受けた汚沢に対する鳩山氏のコメントは、
「私人」として友人に言ふのならばともかく、「公人」たる立場の「内閣総理大臣」「民主党総裁」としては全く不適切といふことを鳩山氏自身が理解してゐない。
それゆえ、「検察に圧力をかけてゐるのでは」「総理大臣としての自覚があるのか」の質問を何度もされるわけです。
鳩山氏の「どうぞ戦つてください」等の発言は、あたくし個人も大変驚きました。
「この人、自分の言つてることわかつてる?」とも思ひました。 
次に思つたのは「鳩山氏は自身が『公人』といふことをわかつてゐるのだらうか?」といふことでした。
しかし、これまで同様の質問が繰り返へされ、同様の答弁が繰り返へされましたが、鳩山氏は「公人」と「私人」といふ「定義」の存在を御存知なく、答弁をしてゐると思はれます。
ですので、「公人」として鳩山氏の言動がおかしいと指摘されてゐる谷川氏の質問の論点と鳩山氏の答弁が全く合致しないわけであります。
もし、民主党が「公人」と「私人」の区別を理解しない政党であるのなら、「国民の代表」として政治に関わるのが既に間違つてゐるのではないでせうか?
母親からの月の資金提供(小遣いとしか思へない)についても、「知らなかつた」とか「贈与税を免れるつもりはなかつた」等々ですが。
これに対しても、「追徴課税」だけで済むのがおかしい。
立件されないのもおかしい。
「重加算税」がないのもおかしい。
鳩山氏は「国税庁に聞いてくれ」といふ内容の答弁をされましたが、是非とも国税庁の見解を聞きたい。
鳩山氏の例をまねる「不埒な輩」に国税庁はだのやうに対応するのであらう?
また、鳩山氏は「不埒な輩」を排出してしまふ可能性を生み出した行為を自らが行つたことをきちんと自覚すべきであり、「公人・国政の長」として相応しい前例を作つたのかだうかを熟考すべきであります。
熟考した結果、「総理大臣を続けるのが相応である」と判断されたのなら、判断基準を聞きたいと思ひます。
あたくしは、民主党は 「嘘つき内閣」「嘘つき政党」としか思へません。
早々に、退陣して解散してゐただきたいと思ひます。

|

« ずぼら料理 応用編 肉豆腐 | トップページ | けふの夢 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事