« Stereophonics 来日!! | トップページ | 3月大歌舞伎 »

2010年3月24日 (水)

遅ればせながら

昨年の夏にスペインで購入した赤ワインを開けました  Easter egg coloring
ずううと冷蔵庫野菜室に入れてゐたせいか、渋みが強い・・・・  Confused
それとも、元々この味なのか?
この赤には肉が合ふな~渋みが少し脂の載つた肉にぴつたり。
でも!!
けふの、「ずぼら料理 お肉編」は鶏胸肉でした~。
鶏胸肉を厚さが同じやうになるやうに切る。
塩・胡椒・タイムその他好きな肉の調味料を降る
小麦粉をまぶす
溶き卵をまぶし、パン粉をつける
フライパンに大匙2-3の油を熱し、鶏肉を並べ、弱火に近い中火で焼く
焼き色がついたらひつくり返して蓋をする
蓋をしながら、やうすを見て適宜ひつくり返して焦げないやうに鶏に火を通す
弱中火にしてテフロン加工のフライパンなら焦げることはなく、油も足さずに火が通る
蓋をずつとしておくと、肉がややしんなりするので火が通つた時には蓋をとつて
衣をからりとさせるのがコツ・・・・ (最初に蒸し焼き状態なので、肉は柔らかいはづ)
肉への下味をつけて焼くもよし
肉へのソースを作つてもよし
けふはケチャップとウスターのソースにしました。  Waiter
焼くまではトンカツと同工程だけど、油で揚げない分腹もたれがしません~♪

|

« Stereophonics 来日!! | トップページ | 3月大歌舞伎 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事