« タロットが来ました | トップページ | この事件はひたすら悲しい »

2010年3月11日 (木)

個人的に食べなければいいだけぢやないのか?

犬・ネコ肉を食べる風習・文化であれば、変える必要はない。何故なら犬・ネコを食べるやうになつた背景があるからで、それを否定するのは他の人がすることではないからである。

「動物愛護」から反対なら自分が犬ネコを食べなければいいのである。 ほんたうに「動物愛護」なら畜産に真っ先に反対すべきである。

わざわざ「食用」のために子供の動物を育成し、殺害してゐるのだから。

中国、「反動物虐待法案」提出へ イヌ・ネコ肉の食用禁止を明記 賛否両論も (1/2ページ)

http://sankei.jp.msn.com/world/china/100311/chn1003110908003-n1.htm

2010.3.11 09:03

このニュースのトピックス:中国

 中国政府は4月、中国で初めて動物保護を明記した「反動物虐待法案」を全国人民代表大会全人代=国会に相当)に提出する見通しとなった。法案には中国内で広く流通しているイヌとネコの肉の食用禁止の文言が入っており、「犬肉料理」で有名な江蘇省徐州市などでは衝撃が走っているという。

 中国の地方紙「重慶晩報」などによると、法案には、イヌやネコの肉を食べたり、販売した個人には5000元(1元=約13円)以下の罰金と15日以下の禁固に処せられるほか、企業や団体の場合は1万元以上50万元以下の罰金に処せられるという。法案の起草責任者である中国社会科学院法律研究所の常紀文教授が起草前にインターネットや電話を通じて広く意見を求めたところ、イヌ・ネコ肉の食用反対の意見が大多数だった一方、「人間の権利と福祉も保障されていないのに、動物の権利を擁護するなんてばかげている」との意見も寄せられたという。

 とりわけ、「犬肉料理」が有名で、関連産業に10万人以上が従事し、年間の売上額が10万元以上に上っている江蘇省徐州市沛県では「人間の生活が侵害される」などと反対の声が高まっている。

 同県の「犬肉料理」は2000年以上の歴史を誇っており、漢の高祖・劉邦も宴会で、客に饗応するなど毎日食べたと伝えられており、昨年、江蘇省無形文化遺産に登録。地元で養殖された犬肉は日本やロシア、韓国、シンガポールなど海外にも輸出されているという。

 常教授は「イヌやネコは人間の友であり、食用を禁止することで、中国が新たな文化レベルに達したことを内外に知らせることに通じる」などと指摘している。

 イヌやネコの肉を食べるのは中国だけでなく、イヌ肉は韓国、ネコ肉はベトナムなどで食されているが、中国政府は昨年夏、北京五輪を開催するに当たり、世界中の人々が中国を訪問することから、市場での取引を中止する通達を出していた。また、中国では急激な経済発展から、生活水準も向上し、イヌやネコをペットとして飼う人々も増えていることから、「イヌやネコを食べるなんて、野蛮な風習だ」との声も高まっている。

|

« タロットが来ました | トップページ | この事件はひたすら悲しい »

だうでもいひ話」カテゴリの記事