« 絶対におかしい判決 | トップページ | 2年間も下水道に注射器が放置されてゐて見つからなかつたといふこと??? »

2010年3月27日 (土)

けふの夢

フリーで仕事をしてゐる先輩が出てくる。
先輩の家にお邪魔してゐる設定なのだが、先輩の家は実際の家でない。
室内は洋館といふか、アールデコといふか、17世紀の城の内部のやうな造りと装飾になつてゐる。
家具や調度品も同様。
室内には、段ボールなど何か資料がたくさん入つた箱がありその資料について先輩と
話をする。
資料のひとつに、会社で使用してゐる取引先企業Sへの注文書のファイルがある。
現実にはその取引先企業Sは先輩とは関係ない。
そのファイルの中身は注文書と納品書の記録。
注文したものに対して納品だか請求だかが合致しないとして、先輩と二人で資料を探してゐる。
注文書に対する納品書を対にして保存しておくべきなのに、納品書だけが別になつてゐたりして、対となる注文書を見つけ「この注文書の納品書だ」などと言ひながら作業する。
納品書の数字は9で始まり4や1が並んだ6桁ほどの数字。一部二重線で修正してある。

|

« 絶対におかしい判決 | トップページ | 2年間も下水道に注射器が放置されてゐて見つからなかつたといふこと??? »

」カテゴリの記事