« 3月大歌舞伎 | トップページ | 鮨やさんに行つた »

2010年3月 8日 (月)

白人はいつもかういふやり方をする

太地町長の発言「地域の伝統や実情を理解した上で、相互に食文化を尊重する精神」は最もであるが、白人にはこの精神は無い。

いつもいつも「自分たち基準」の発言と行動をするのが白人であり、鯨においても過去自分たちがコルセットのため等に乱獲して数が減った原因を作つたことは知らん顔である。

木村太郎氏がアメリカのひよこの性別選別後の殺害方法を本日のニュースで述べ、「日本もさういふ映画を作ったら」と発言したが、かのやうな映画をもし作つたら白人は直ちに訴訟や避難に走るであらう。

自分たちはすべて良くて、人のことはひたすら非難するのが白人種なのだ。海外旅行すればさういふ局面に頻繁に出遭う。

(# ゚Д゚) ムッカー

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100308/tnr1003081335010-n1.htm

アカデミー賞】「ザ・コーヴ」受賞で地元の和歌山・太地町が猛反発 (1/2ページ)

2010.3.8 19:15

このニュースのトピックス:捕鯨

 第82回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞に和歌山県太地町イルカ漁を批判した米映画「ザ・コーヴ(入り江)」(ルイ・シホヨス監督)が7日(日本時間8日)受賞し、地元の太地町では反発している。

 映画はスタッフが立ち入り禁止区域に侵入し、隠しカメラを設置して撮影された。漁師たちが入り江に追い込んだイルカの群れを鉄の棒で突いて海面が真っ赤に染まる場面などが映し出されている。

 受賞の知らせに、太地町漁協は「映像は昔のもので2年前からイルカが苦しまない方法で行っている。スタッフは現在のやり方も知っているのに自分らの都合のいいように取り上げている」と憤る。

 さらに、三軒一高町長は「事実誤認が多い映画が受賞したことに驚いている。われわれの町は鯨類については貴重な食料資源として認識している。海外には私たちが食べないものを食べる地域もあるが、その食文化を否定する気はない。今後も国内外に正当性を強く主張していく」と不快感をあらわにした。

 映画の中には「(組合員を)ジャパニーズマフィア」「漁協は隠蔽(いんぺい)するためにイルカの肉を鯨肉として販売している」など事実に反するものも含まれており、町や漁協は信頼を著しく失墜させたとして配給会社などに抗議している。

 イルカは「鯨類」に分類され、国際捕鯨委員会(IWC)の管轄外。太地町での追い込み漁は漁業法に基づき県の許可を得て期間を定めて実施され、同漁協では「適法・適正に行っているもので何ら違法な行為はない。長年の伝統や地域の実情を理解したうえで食文化を尊重する精神が重要」としている。

 日本では5~6月ごろ公開予定という。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100308/tnr1003081426015-n1.htm

【アカデミー賞】太地町長「イルカ漁の伝統や文化、尊重を」

2010.3.8 14:22

 第82回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を7日(日本時間8日)受賞した米映画「ザ・コーヴ」。撮影の際にイルカ漁を隠し撮りされた古式捕鯨発祥の地、和歌山県太地町の三軒一高町長は「イルカ漁は何ら違法ではない。地域の伝統や実情を理解した上で、相互に食文化を尊重する精神が必要だ」と話した

|

« 3月大歌舞伎 | トップページ | 鮨やさんに行つた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事