« この事件はひたすら悲しい | トップページ | 春の酒 »

2010年3月11日 (木)

今年一年楽しみです!!

M.シューマッハ「クリスマスを楽しみにしている子供のような気分」

 メルセデスGPで4年ぶりに現役復帰するミハエル シューマッハが、2010年の開幕に向け「クリスマスを楽しみにしている子供のような気分」と語っている。現地時間(以下、現地時間)10日、『ロイター』通信が伝えた。

 現役王者が4人もそろい、近年まれにみる激戦が予想されるシーズンがいよいよ開幕を迎える。3年のブランクを経て現役復帰するM.シューマッハは、「クリスマスを楽しみにしている子供のような気分だ。シーズンの開幕が待ちきれないよ」と新たな挑戦を前に士気を高めていた。

 M.シューマッハは2006年最終戦以来の実戦で、才能ある若手として名高いレッドブルのセバスチャン ベッテル、2008年王者マクラーレンのルイス ハミルトンらとは初めて、2005年と2006年にルノーでダブルタイトルを獲得したフェラーリのフェルナンド アロンソ、昨年王者マクラーレンのジェンソン バトンらとは久々に対戦する。

 イギリス対ドイツ、巨匠に挑む若手といった展開が予想されているが、M.シューマッハは「ここしばらくなかったほど新鮮な心地だよ。2006年に僕がリタイアしたときは、僕のバッテリーは空だった。今、僕のバッテリーはまた充電されて、挑戦に向けて準備はできている」と自信をのぞかせた。

 一方、新天地マクラーレンでL.ハミルトンと現役王者コンビを組んでいるJ.バトンは、「変化は誰にとっても難しいものだけど、同時に刺激的でもある。僕がレースを初めて以来、ファクトリーでこんなに多くの時間を過ごしたことはなかった。色んな人のことをよく知ったし、それは本当にいいことだよ。だから2ヶ月経って、すごく居心地がいいんだ。初戦でいいパフォーマンスを見せる準備はできているよ」と意気込んでいる。

 今シーズンは新規参入チームの存在に加え、給油が禁止されたことで新たな戦略が求められる。なお、新チームのヒスパニア レーシングは開幕前にテストが行なえなかったため、ぶっつけ本番で開幕戦に臨まなくてはならない。

|

« この事件はひたすら悲しい | トップページ | 春の酒 »

スポーツ」カテゴリの記事