« 民主党はやはりバカで非常識だ 「国会議員」の意味をわかつてない | トップページ | なんですか、この発言 »

2010年4月27日 (火)

「軽蔑」とかいふレベルではなくて、「病気の人」と思つてゐます。

「犯罪者」なのに、今更「参院選への影響は」などと訊くマスゴミもバカで非常識で異常だ。
おまえら皆民主党と一緒に日本国に謝罪し無駄にした税金の埋め合わせをして
日本国から消滅しろ!!
【新民主党解剖】第4部失望と動揺(2) 身に迫る「国民の軽蔑」 (1/3ページ)
2010.4.26 23:52
東京第4検察審査会は26日、鳩山の偽装献金問題で、鳩山について「不起訴相当」と議決した。だが、これで一件落着とはいきそうにない。「政治とカネ」をめぐる鳩山政権の対応を評価する回答は10.4%のみで、82.5%が評価していないのだ。
 26日午後、首相官邸。昭和63年3月の初土俵以来、22年以上も現役を続けている大関、魁皇と相撲談議を交わす中で、政権維持に意欲を示してみせた。
 「(自分も)少しでも長く(首相を)続けられるようにしたい」← 「そんなにやりたいわけでもなかったし、辞めろといわれたら辞める」の発言は何だつたの?
すべてが信じられない嘘つき民族党首。
その鳩山は7日に都内で開いた国家公務員合同初任研修で、約700人の新人官僚を前にこんな訓示を行っている。
 「政治家がばか者であり、トップの首相が大ばか者である国がもつわけがない。そんな国が、世界的に認められるはずもない」←首相やりたいわけでもなかったし発言と同様に自覚がない。
 新人らは複雑な表情を浮かべていた。果たして失笑をこらえていたのか、絶望にとらわれていたのか。鳩山はその2週間後には「私は愚かな首相」と認めたが、愚かな人物に率いられる国は一体どうなるのか。
 「首相が国民の軽蔑(けいべつ)を買った。軽蔑が一番、怖いんだよ」←既に軽蔑を通り越して、「病気」の人たちだと思つてゐます。鳩山氏だけでなく民主党全部が病気の集団です。
 民主党が圧勝し政権を奪取した昨年8月の衆院選直前、東京都石原慎太郎知事が麻生太郎前首相を評した言葉だ。石原の指摘は、今や勝利者だったはずの鳩山に突きつけられている。(敬称略)

|

« 民主党はやはりバカで非常識だ 「国会議員」の意味をわかつてない | トップページ | なんですか、この発言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事