« 現状に気付いてゐる政界で唯一の党 | トップページ | これは美味い・・・・奈良県桜井市 「三諸杉」 »

2010年4月23日 (金)

動物の倫理的扱いを求める人の団体らしい

けふ、偶然テレビでこの団体を知つた。 初めて日本のテレビの取材を受けたとのことで
オフィス内部や社員使用の冷蔵庫の中身、社員の靴に使はれてゐる素材、捜査する部署の部署長のインタビュー、この団体ナンバー2のインタビューの放映を観た。
PETA
501 Front St., Norfolk, VA 23510
757-622-PETA (7382)
757-622-0457 (fax)
Info
ウィキペディアのページ
「基本方針」らしいものは、動物虐待を摘発し動物実験・動物性の素材を使用した衣服・靴等の製造を止める、動物性食材の使用を止める・・・・と動物を殺したり虐待することに反対してゐるといふことらしい。
奇抜な広告などで、時々取り上げられることがある。
しかし、製造や実験を止めさせたり摘発する手段は疑問が残る。
まづ、身分を隠して正社員として雇用されたり観光客を装つて内部潜入し、隠しカメラで撮影する。
なぜ身分を隠して内部潜入するのか、といふ質問に対して「撮られて困るやうなことをして
ゐるのか」と開き直り返答。 これは質問に答えてない。
「自分たちの考えが正しい。自分たちの信条に沿つた活動をするのに違法行為をしても許される」
これはナンバー2の発言。
信条を貫くために、他人の権利を侵害してもいひとは、これはさすがに白豚発想である。
有名人らからの支持が厚く、寄付金を多々受けてゐるといふことであるが、この寄付金の
一部がFBI指定を受けてゐる犯罪集団に流れてゐることが判明したらしい。
嘘つき民族と変はらないと思ひました・・・・・・
「動物愛護」といふ看板を盾に、自分たちの犯罪を隠してゐるだけぢやないかと。
確かに動物虐待はすべきでない。
しかし、動物虐待を防ぐために犯罪が正当化される理由にはならないと思ふ。

|

« 現状に気付いてゐる政界で唯一の党 | トップページ | これは美味い・・・・奈良県桜井市 「三諸杉」 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事