« きのふのライヴ | トップページ | 「国家」といふか、「真面目な納税者」へのタカリぢやねえか »

2010年4月27日 (火)

前から投稿してゐるが

沖縄での、米兵および米兵の親族による犯罪も「基地県外」を望む重要な理由になつてゐることを、きちんと米国に説明してゐるのだらうか?
昼のおにゅーすで、沖縄の強盗事件が米兵らの息子3人によるものであることが報道された。
だから~
これが原因で沖縄の人たちが基地県外を主張してゐるし、
これが原因で他県の人たちも基地受け入れを拒否してゐるのではないのか?
「犯罪集団」が隣に引越してくるやうなものだから、受け入れ先が無いのがほんたうなのではないか?
この重要な理由、きちんと話してます??
「同盟」を連呼するのなら、同盟国での犯罪は絶対するなと要求することは日本の政治家として当然である。
普天間移設「最終的な詰めを行いたいという状況だ」~首相
2010.4.27 09:26
このニュースのトピックス:安全保障
 鳩山由紀夫首相は27日朝、米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり、「政府案は今、真剣に検討中で、最終的な詰めを行いたいという状況だ」と述べ、最終調整段階にあるとの認識を示した。首相公邸前で記者団に答えた。
 首相は政府案について、「沖縄県民の負担を、早くできる限り減らさなければいけない。普天間の危険性の除去をできるだけ早くやる。この2点を満たせるような形で(米国に)提案すべく努力しているが、まだその段階には至っていない」と語り、政府案の条件に県外移設をあげなかった。
 日米協議については「日米間で実務者協議が始まっているわけではない」と指摘し、政府案をまだ正式に提案していないことを明らかにした。

|

« きのふのライヴ | トップページ | 「国家」といふか、「真面目な納税者」へのタカリぢやねえか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事