« 気狂いさうになつた | トップページ | 京都で見た夢 »

2010年4月 5日 (月)

あきれ果てた

脱ゆとり教育の教科書の内容何?
円周率が3だったの  Confused その他嘘ばかり。
私の時の教師が「嘘を教えてる」とほざいてたのに、嘘の上塗りより酷い内容を学校が
行っていたとは!
日教組も北教組も他にやるべきことがあったのに、あんなFax授業中に送信してて我慢ならない Mad

【教育】新指導要領、教える若手教員はゆとり世代 自分でやったことない理科実験も (1/3ページ)

2009.3.31 19:46
このニュースのトピックス:学校の現場レポート

 脱「ゆとり教育」を打ち出した新しい学習指導要領が新学期から先行実施されるが、教える側の若手教員はゆとり教育で学んだ世代。理数では復活する学習内容が多いが、先生自身が小学校時代に習わなかった実験もある。どう分かりやすく教えるか、工夫のしどころだ。

  理科苦手

 3月下旬、東京都新宿区の工学院大学で教員らを対象にした講演や理科実験講習が開かれた。講師は昆虫ロボットなどの研究で知られる同大の三浦宏文学長や「ガリレオ工房」理事長で東京大学特任教授の瀧川洋二氏ら。

 理科の実験や観察は新指導要領で重視され、大学や教育委員会などが主催する講習会が各地で目立っている。こうした講習会に参加するのは理科好きの先生たちが多いが、小学校では文系で理科が苦手という教員も少なくない。

 参加者の教員は「理科で復活する項目では、風で動くおもちゃやニクロム線に電気を通すと発熱する実験など、若い先生たちが小学生時代にやったことがない実験もある」という。

 大学入試で受験科目を減らす弊害から理科が苦手という教員も増えている。科学技術振興機構のアンケートでは教職経験10年未満の教員で理科指導が「苦手」「やや苦手」という割合が6割を超えた。中学教員でも物理が苦手などという理科教員が少なくない。

|

« 気狂いさうになつた | トップページ | 京都で見た夢 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事