« 夕方のおにゅーすで放映されたシーシェパードの件は・・・ | トップページ | これは、鳩山さんの「インテリジェンス」戦略なの?? »

2010年4月30日 (金)

策略か、謀略か

ちは
現在、佐藤優氏の「国家の謀略」を読んでゐます。
この本は、佐藤氏がSAPIOに連載されてゐた「インテリジェンス・データベース」の単行本ですが、テエマは「国家のインテリジェンス(諜報含)活動」のやうです。
日本では、諜報活動がいかなる形態になつてゐるのか、MI6,CIA,KBGのやうな「国家機関」として名称が知られてゐませんが、太平洋戦争中の「陸軍中野学校」といふ学校が、インテリジェンス教育として世界最強のレベルに達してゐるとの佐藤氏の見解のもとに、この陸軍中野学校が紹介されてをります。
この、「陸軍中野学校」をの部分を読んでゐるうちに思ひだしたのが、こちらです ↓ 
この記事の中で嘘つき民族女(きつと半島南)が、あたくしに向つて「あなた右翼なんだ」とほざいてゐますが、これが、嘘つき民族の「謀略」の一つだと思ひます。
日本国、日本人に敵わないので貶めるために嘘をでつちあげ「日本人による戦争責任」「戦争犯罪」「右翼」「軍国主義」「君が代=悪」「国旗掲揚=軍国主義」「天皇=軍国主義」のやうな連想を植え付け、日本のインテリジェンスを下げさせやうといふ手口なのでせう。
やはり、汚い民族だな~と思ひました。
嘘を並べても、いつかどこかでばれるのにね~
「嘘を吐かづにいられない」民族は、可哀相ですね。
ちなみに、この店ですが店も嘘つき民族女と同族のやうですよ。

|

« 夕方のおにゅーすで放映されたシーシェパードの件は・・・ | トップページ | これは、鳩山さんの「インテリジェンス」戦略なの?? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事