« ダライ・ラマの嘘つき民族大陸に関する記述は正しい | トップページ | お散歩して参ゐりました »

2010年4月22日 (木)

いよいよおかしい自民党

民主党と鳩山氏も「気が振り子」であるが、自民党も同様だ。
議員辞職要求の相手は党外の別の人たちのはづである。
舛添氏ら午後に離党届 大島氏からは議員辞職要求
2010.4.22 10:56
 23日に新党を結成する自民党の舛添要一前厚生労働相(61)と矢野哲朗前参院国対委員長(63)は22日午後、自民党本部で離党届を提出する。一方、大島理森幹事長は舛添氏に対し、比例代表で党公認として参院選に当選したことを踏まえ、議員辞職するよう求めた。
 21日に新党結成の意向を表明した舛添氏は、一夜明けた22日午前8時50分ごろに都内の自宅を出発し、現在の心境について記者団に「雨が降っているけど、さわやかです」と語った。
 その後、国会内で新党のあり方について説明。新党の形は「いったん改革クラブに入り、これを新党に変えるという手続きになると思うが、あくまでも『舛添新党』をつくる一つの手段だ」と述べた。新党の理念には(1)デフレ克服(2)カネにきれいな政治(3)国際競争力強化-を挙げた。
 その上で、新党結成に対して自民党内に批判があることには「いろいろな批判があるのは当然だ。今必要なのは、過去を見るのではなく、いかにして新しい政治を作るかだ。今自民党がどうこうということではない」と語った。
 大島氏は22日午前、舛添氏らの新党結成について、党本部で記者団に「わが党の議員を勧誘している行為は、明らかに党の規律を乱す」と非難した。
 舛添氏に対してはさらに「党の公認なしで当選できることはなかった。政党の政治家のあるべき道として、議員を辞職して、わが党に議席を戻し上で(新党に)参画するべきだ」と述べた。
 新党には舛添、矢野両氏のほか、自民党離党届を提出している小池正勝氏(58)、改革クラブからは渡辺秀央代表(75)、荒井広幸幹事長(51)、山内俊夫氏(63)の計6人の参院議員が参加する。

|

« ダライ・ラマの嘘つき民族大陸に関する記述は正しい | トップページ | お散歩して参ゐりました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事