« お散歩の風景 | トップページ | こんな商品が!! »

2010年4月29日 (木)

民主党の「やらせ」にうんざり。国民が気付かないとでも??

民主党の選挙戦略だろうけど、連ホウ引っ張りだしNテレとFジで仕分け終了のインタビューを行ひ、「いかに民主党が貢献したか」アピールに必死。
見苦しいしこんな放送やるとは、がっかり。やはりメディアは信用できない。
連ほうはやはりバカだ。「行程を見てほしい」って結果がでなけりゃどうしようもないのに。
それから、独立行政法人がなくなつた後、どこが何をするのかが今後の課題つて言つてたけど、そんなこともきちんと検討せづにあの「嘘 マニフェスト」公表してゐるのか。
唖然とゐたしました。
【新民主党解剖】第4部(4)「続投」民意と逆行 (1/2ページ)
2010.4.29 01:17
このニュースのトピックス:民主党
 民主党幹事長小沢一郎が東京第5検察審査会から「起訴相当」と議決され、一夜明けた28日午前。前夜は、記者団に小沢を解任するかと聞かれても答えなかった首相の鳩山由紀夫は、険しく思い詰めたような表情で続投支持を表明した。
 「幹事長には、このまま頑張っていただきたい」
 議決が出る以前でさえ、各種世論調査では小沢の幹事長辞任を求める意見が7~8割に達していた。今回の鳩山の判断は、民意に沿うものだろうか。
 ■国民感情を軽視
 民主党は政権奪取前から開かれた透明な政治を訴え、「国民目線」の重要性を強調してきた。だが、今の党の姿は、それと逆行しているようにも映る。
 この日、国会内では検察審の強制起訴制度などを検証する党の「司法のあり方を検証・提言する議員連盟」設立総会が開かれた。
 「検察審で強制起訴の例がどんどん出ている。簡単に国民の感情で被告席につけてしまっていいのか」

|

« お散歩の風景 | トップページ | こんな商品が!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事