« 鳩山よりマシだよ | トップページ | 梅乃宿 »

2010年5月 5日 (水)

史上初の酷すぎる内閣および連立政権そして構成政党

きのふから、一連の流れを見て「呆れた」といふ言葉を通り越した。
「驚き」といふか「驚愕」といふか、「よくこんなこと言へるな」といふか、「よく平気でここに居られるな」といふか・・・
すごいわ・・・・ 
しかも、下記のおにゅーすとは別のアメリカの関係者に「今頃重要さをわかって沖縄に行ったのだろうが遅すぎた」と失笑されるVTRが流れたのを観た。情けなくて涙が出た。
そして、ネット記事では見当たらないが「NPT核拡散防止会議に福山外務副大臣が出席した」事、演説が半数以上の空席の前でなされたことと、副大臣の出席に疑問が議長から指摘されたおにゅーすも観た。
ここまで「やつてくれる」と、政党とか政治家とかいふ枠を飛び越えて、「日本が人間としておかしい」と世界から「嘘つき民族レベルに解釈されてしまつた」・・・・・・と思ふ。
こんな政党といふか、国家を代表する「内閣」とはどの国も真剣に交渉をしないであらう。
「脱官僚・政治主導」を掲げてゐた政権であるが、「脱官僚」のおかげでかふなつたのか?
「政治主導」といふのは、本来なら鳩山内閣のやうに混乱・嘘を引き起こすことではないはづである。
しかも、この沖縄での会談の前日に汚沢が沖縄入りして事前の打ち合わせに参加してゐたらしい。
結局、鳩山氏は汚沢のあやつり人形らしいから、いい加減「意思」を持つて辞任したらだうか。
総理大臣だけでなく、小沢と一緒に議員を辞めて政界から永遠に居なくなつてほしい。
それから、マスゴミは「沖縄問題」と表題をつけて放送してゐるが、これは解釈が間違つてゐると思ふ。
「鳩山内閣の対応の一つの例」として、この問題が大きく出てきてゐるだけであり、「沖縄だけの問題」ではないのである。
それを再三沖縄の人たちがインタビューで答えてゐるのに、全然マスゴミは理解してないんだな、と思ふ。
内閣が対応する様々な問題のすべてに対し、「党の発言ではなく、私の発言」等の言い訳に終始して真剣に対応しない姿勢が、この件で現れたと言ふべきであり「沖縄問題」と題するのではなく、「鳩山内閣の問題対応」と表題をつけて、「一例」として放送すべきでは?
いづれにしろ、
「少子化対策のための子供手当」は日本人の少子化のためとは言へないわけであるから、鳩山内閣の問題対応の別の例であり、これに今回の「基地問題」が出てきた、と言ふべきであらう。
民主党・社民党・国民新党らは、この対応をした総理大臣を頂点に「政権」を組んでゐることに何も党内から意見が出ないのだらうか。 (社民党から意見が出ないのは頷ける。基地は国外と言つておきながら、県外と発言し、首相について行くと発言し、さらに再度首相案に反対とクルクル変へる人が党首なのだから、鳩山氏と気が合ふのであらう)
それと。
「基地移設賛成・反対」の声を一緒のおにゅーすで取り上げて放送するが、このやり方も変だと思ふ。
「基地移設」に関する賛否は、鳩山内閣が主張してきた内容とは別である。
放送では「基地賛成」の声を同じおにゅーす内で紹介するのを観たことがあるが、これはだういふ意図なのだらうか?
まぎらわしいから、基地賛成・反対の声と政府の対応とははつきり区別して放送してください。
【首相訪沖】広がる不信、怒る沖縄「合意から14年…簡単にゼロに」 (1/2ページ)
2010.5.4 21:11
このニュースのトピックス:安全保障
 初めて沖縄を訪れた鳩山由紀夫首相。「沖縄県民の総意」を尊重すると繰り返しアピールしてきたが、県民には、首相と民主党政権への不信感が燎原(りょうげん)の火のように広がっている。
 日米間で普天間飛行場の全面返還が合意されてから14年。4日、鳩山首相が県民に示した答えは「県内移設」と「負担の継続」だった。
 「首相がなんと言おうが、ほとんどの県民は辺野古で落ち着くのでは、と思ってきた。民主党政権は、自民党は14年かけて杭(くい)1本打てなかった、と批判するが、14年かけて辺野古への移設を実現した。ところが、今の政権は簡単にわれわれの苦渋の選択をゼロベースに戻してしまった」
 40代のホテル関係者は、そういって鳩山政権の対応に反発する。
 普天間飛行場近くの自営業者は、「『県外・国外』移設発言が、静まっていた反対派グループの活動に弾みをつけてしまった」と、首相発言の影響を指摘する。「彼らは県民の本音を忖度(そんたく)することなく、闘争の舞台を沖縄に移している」と嘆いた。
 一方で、首相が4日、沖縄に協力を要請した「負担」をめぐり、県民には怒りとともに、大きな失望も広がっている。
 「県外移設の候補に名前が挙がった自治体のほとんどは即座に拒否した。これが現実だ。本来、国防を唱えるなら沖縄の負担の軽減をすべての自治体が一体になって考えなければいけない」
【首相訪沖】「周回遅れ」ようやく気づいた「現実」 (1/2ページ)
2010.5.4 20:39
 ようやく、わが国の首相も“現実”に気づいたということなのか。
 「現実に日米の同盟関係を考えたときに、また、近隣諸国との関係を考えたときに、それ(国外移設)は抑止力という観点から難しいという思いになりました。現実には不可能だ」
 「(県外移設も)なかなか現実問題として難しい」
 鳩山由紀夫首相は沖縄県仲井真弘多知事との会談で、「現実」という言葉を何度も口にして、県内移設への理解を求めた。
 米軍普天間飛行場の移設問題を語るとき、首相はこれまで「沖縄県民の思い」という抽象的な言葉を多用していた。その「思い」をあまりにも重視しすぎた結果、「現実」に目を背けてきた面は否めないだろう。
 首相が「非現実的」と認めた県外・国外移設案。それを最初にぶち上げたのも、首相自身だ。
 昨年7月、民主党代表として沖縄県沖縄市で衆院選の応援演説に立った首相は、普天間飛行場の移設先を「最低でも県外」と断言。この大風呂敷には、党内からも実現性を懸念する声が上がった。「党の考え方ではなく、私自身の(民主党)代表としての発言だ」。首相が4日、語った通り、同党の衆院選マニフェスト政権公約)にも明記が見送られている。
 首相は高嶺善伸・県会議長との会談でも「『最低でも県外』と言ったのは事実。ただ、なかなか容易ではないことも、政権を取って日々感じているところだ」と語った。
【首相訪沖】首相「海兵隊が抑止力と思わなかった」
2010.5.4 18:44
このニュースのトピックス:安全保障
 鳩山由紀夫首相は4日、米軍普天間飛行場の移設問題に関し「昨年の衆院選当時は、海兵隊が抑止力として沖縄に存在しなければならないとは思っていなかった。学べば学ぶほど(海兵隊の各部隊が)連携し抑止力を維持していることが分かった」と記者団に述べた。また、昨年の衆院選で沖縄県外、国外移設を主張したことについて「自身の発言に重みを感じている」とも語った。
 ■在沖縄米海兵隊 米軍の第3海兵遠征軍の中核。沖縄県によると、在沖米軍の6割近くを占め、兵員約1万2千人が駐留。司令部はキャンプ瑞慶覧沖縄市など)に置かれている。砲兵部隊を含む第3海兵師団第1海兵航空団、第3海兵役務支援群などで構成。キャンプ・ハンセン(金武町など)には地上部隊が駐留し訓練場も備える。沖縄県によると、普天間飛行場(宜野湾市)には固定翼機16機、ヘリコプター36機の計52機を配備。朝鮮半島台湾海峡での有事をにらみ、中東にも出動する。
県内移設表明の評価避ける 米国務次官補
2010.5.5 09:48
 米国務省のクローリー次官補(広報担当)は4日の定例記者会見で、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で県内移設を初表明したことについて「成功裏に結論が出るまで、われわれは(交渉の)プロセスを続ける」と述べるにとどめ、評価を避けた。
 クローリー氏は「5月末は日本政府が目標として提示した期限だ。われわれは何カ月にもわたって、この問題に打ち込んできた」と指摘。
 その上で、同県名護市辺野古沖にくい打ち桟橋(QIP)方式を軸として代替施設を造る案については、まずは日本側が最終案を米側に提示することが先だとの姿勢を示した。(共同)

|

« 鳩山よりマシだよ | トップページ | 梅乃宿 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事