« 解散総選挙前に沖縄と民主党に期待して投票した有権者に土下座しろ | トップページ | またマニフェスト違反が増えただけ »

2010年5月23日 (日)

裁判員裁判制度でずつと思つてゐた事

けふ、日テレ「バンキシャ!」で同ぢテエマを放送してゐた。
マスゴミの「ネタ合わせ」はジャーナリストが記述した本で読んだので、どこのテレビ局でも
同時期に取り上げ、新聞・ネットでも同時期に同内容で取り上げることはもはや驚かない。
(だうせ、下記の記事も「会見」で配られたおネタで作成させてゐるのであらう)
で、最初から一番気になつてゐたことがある。
裁判員の心構えとかなんとかで、「守秘義務」が義務づけられてをり裁判で知りえたことを
第三者に漏らしてはいけないはづなのに、「裁判員経験者の証言」としてマスゴミが裁判員裁判が始まつた当初から取り上げ事件を報道した上で裁判員になつた人に取材し放送をしてゐた。
最近では裁判員経験者の氏名と顔も出して、「経験者の証言」を放送するやうになつた。
それを見て、「守秘義務違反」にならないのかとずつと思つてゐたのだ。
バンキシャ!でもその放送を行なつたわけだが、コメンテーターで出演してゐた元特捜検事が「喋つちやいけないことを喋つてる」とコメントした。これに対して、キャスター役のFアナが「ご本人の承諾を得てゐる」と見当ハズレの返答をした。
元特捜検事のコメントを聞いて「やはり!」と思つた。
「守秘義務」がどの範囲まで適用されるのか、裁判や司法を専門にしない人には明らかではない。
よつて、本来なら「裁判員裁判」に出席した人の取材はすべきではないはづである(と思ふ)。
いくら放送しなくても、「取材に応じて話した」時点で守秘義務を破つてゐることがあるはづだ。
マスゴミは、こんな簡単といふか、常識的な認識も無いのか。
しかも、自らの「汚点」を隠すやうなFアナの発言「ご本人の承諾を得て放送してる」には呆れた。
マスゴミは、あのVTRを放送する前に「守秘義務違反」の部分がないかだうか検証もしなかつたのだらうか?
マスゴミは、やはり社会の害だと思ふ・・・・・・
【裁判員制度施行1年】「日本の文化になりつつある」 関係者「順調」と評価  (1/2ページ)
2010.5.21 22:33
 裁判員制度スタートから1年となった21日、関係者からは「順調」と評価する声が相次いだ。制度は2年目に入り、死刑が求刑される事件や、犯人かどうかが争われる否認事件など、重大で複雑な事件も審理入りし、裁判員裁判は本格化していく。(中略) 千葉景子法相は会見で(後略)
【裁判員制度開始から1年】「被告の証言 実情と違った」「時間かかっても審理充実を」と経験者語る

|

« 解散総選挙前に沖縄と民主党に期待して投票した有権者に土下座しろ | トップページ | またマニフェスト違反が増えただけ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事