« 昨夜は月が綺麗であつた | トップページ | 与党全員おかしいし、野党もおかしい »

2010年5月28日 (金)

ひたすら見苦しひ・・・

見苦しひ・・・
「政治家」「国会議員」の意味を、ひたすら「金を儲ける職業」としか考えないなれの果て・・・ 
得票率の少ない党が、「しのぎを削つて」るやうすは、ある意味ジャングルでのハイエナの
餌の奪い合ひを連想させる・・・・・・
下記の記事は国会議員、政治家は見苦しひ「下劣な職業」といふ代名詞のやうになつてしまつた瞬間だ。
今まで再三民主党、汚沢がその見苦しさを公表してきたが、ここに来て少数議席が私益しがみつき噴出。
連立残留めぐり社民 一転、内紛状態に (1/3ページ)
2010.5.28 01:14
 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐって、社民党は27日朝の常任幹事会で、閣議での政府方針への署名拒否を明言した同党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相の意向を、党の方針として正式決定した。連立崩壊を招きかねない強硬姿勢は、北朝鮮ばりの“瀬戸際外交”そのもの。←なんといふ、イヤミな表現 だが、政府や国民新党が政府方針の文言修正を打診すると、社民党内の連立残留派が同日夜になって、閣議での署名を唱えはじめ、かたくなに拒否する福島氏と対立、同党は一転して内紛に陥った。
 社民党の議員らは27日夜、国会内の党控室に集結した。政府と国民新党が同日夕、政府方針に「関係自治体と連立与党の合意」が移設の前提条件と明記する妥協案を示したことで、連立残留派が態度を一変させ、福島氏に翻意を促す展開になった。
「あなたは勝手なことばかり言って、党首としての責任を果たしてない。署名しないんだったら、党としてあなたを(党首から)罷免するよ!」←この人を党首にした時点で間違つてたんだ。選挙のことばかり考えてるからだ。「選挙のため」とはとどのつまり、自分が落選したくない=自分が食いつぱぐれたくないの「私益」の一心。見苦しひ。
 又市征治副党首は「党首解任」まで言及。さらに「党が割れてもいいのか。選挙協力の問題もあるんだ。連合の推薦もなくなるぞ」との声も出たが、福島氏は「あなたたちの言うことは二枚舌だ。条件付きでもサインしない」と態度を変えなかった。
 結局、28日正午からの再協議だけが決まり、福島氏は「今朝の常任幹事会と何も変わってません」と語り、国会を後にした。
 社民党は27日朝の常任幹事会で「日米共同声明に辺野古とあるなら署名はダメ」との強硬路線をいったんは決定した。だが、12人いる社民党国会議員の多くの本音は連立残留だった。
ある党幹部は「みんな福島に腹が立っている。連立離脱しても当選するのはあの人だけ。←明確となつた、「公益より私益」。こんな人たちに税金から給金をやることはない 自分だけ安全地帯にいて、あとは討ち死にしろというのか」と、党首を呼び捨てにして、不満をぶちまけた。
 常任幹事会でも、夏の参院選で改選を迎える近藤正道参院議員(新潟選挙区)が「連立を離脱したら選挙が戦えない。民主党と選挙協力してやっとなんだ」←だからさ、日本国民から社民党は不要と言はれてゐるわけだから、無理して日本にしがみつくといふ、「見苦しひ」ことはお止めなさい と訴えている。連立残留派が政府からの打開案に飛びついたというわけだ。
 社民党幹部は27日深夜、疲れ切った表情で語った。
 「明日の昼の会議は出たとこ勝負や。明日がタイムリミットだけど…」
(山田智章)

|

« 昨夜は月が綺麗であつた | トップページ | 与党全員おかしいし、野党もおかしい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事