« 確かにそのとおりだが | トップページ | バカルディ 5 »

2010年5月13日 (木)

だういふつもり、鳩山さん

鳩山さんに「嘘」といふ言葉の意味を誰か教えてやつてください。
子供のころに、親から当然教わる「してはいけないこと」を鳩山さんは不幸にも教わらずに
60年以上生きてきてしまつたらしい。
気の毒だけど、「嘘を吐く」といふのは嘘つき民族を除く世界中で「してはいけないこと」であり「それをすると信用が無くなる」といふことであることを、鳩山さんは御存知ではないやうです。
もし、安子氏が鳩山さんに「嘘を吐くな」と教えて来たのであれば、鳩山さん個人が恥知らずであり嘘つきといふことになります。
鳩山さん個人が恥知らずで嘘つきなのは構いませんが、これ以上日本の国益を損ない、日本人の名誉を汚してゐるといふことを一刻も早く止め、世界に向けて自分が嘘つきで他人(他国)に迷惑をかけたことを謝罪し、国会議員を辞職してください。
もふ誰も、鳩山さんと民主党に期待してゐないであらう。
「5月末決着」先送り、首相が初めて言及 普天間問題  
朝日新聞
2010年5月13日13時5分
 鳩山由紀夫首相は13日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「5月末(決着)の期限を私は作ったから、国民との約束の中でできる限りのことはする」と述べる一方、「すべてが果たされるかどうかということだから、6月以降も詰める必要があれば、当然努力はする」と語り、「5月末決着」の先送りの可能性に初めて言及した。
 首相官邸で記者団に語った。首相自らが約束した、米国、地元、連立与党の合意が不可能となった情勢を受けて、「5月末決着」の条件をゆるめることを狙った発言だ。
 首相は13日昼、麻生渡全国知事会長(福岡県知事)と首相官邸で会談し、普天間問題についての全国知事会議を月内に開くよう要請した。普天間の訓練などの受け入れを各地に求める考えと見られる。
 12日には平野博文官房長官が、普天間の移設先として検討する鹿児島県徳之島町の町議5人と会談したが、地元の反対姿勢が改めて伝えられた。首相の発言は、こうした情勢を踏まえた発言とみられる。
 平野官房長官は13日の記者会見で「具体的に、詳細に詰めることが全部完了するのが、5月末というのではない。考え方を整理して5月末に決着し、方向をより具体的に詰めていくことはあってしかるべきだ」と語った。
首相、普天間「6月以降も」…先送り認める
読売新聞2010年5月13日(木)11:36

(読売新聞)
 鳩山首相は13日午前、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、「6月以降になっても、また詰める必要があれば、当然努力はする」と述べ、移設問題の「5月末決着」先送りに初めて言及した。
 首相が掲げてきた「移設先の地元、米国、与党すべての同意」を得た形での「5月末決着」を、事実上断念することを認めたものだ。首相の政治責任を問う声が高まるのは必至だ。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 首相は「5月末という期限を私は作ったから、国民との約束の中でできる限りのことはする。(しかし)すべてが果たせるかどうかだから、6月以降になっても、また詰める必要があるところがあれば、当然努力はする」と述べ、6月以降も首相として、決着に向けた努力を継続する考えを示した。
 平野官房長官が12日に鹿児島市内で徳之島の徳之島町議5人と会談したことについては、「(受け入れが)大変厳しいという話は伺った。こういう意見を伺うことは大変大事なことだから、これからも続けていく必要がある。政府の考え方に理解を深めてもらえるよう努力したい」と強調した。
 首相は昨年12月、日米両政府が合意した現行計画である沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部以外に新たな移設先の選定を進める意向を表明。同月25日の記者会見で「5月末までに新しい移設先を含めて決定したい」と述べ、5月末の決着期限を自ら設定した。その後も繰り返し言及し、国会答弁で「職を賭す覚悟」と述べるなど、強いこだわりを見せてきた。
 平野官房長官は13日午前の記者会見で「5月末決着」の定義について、「詳細の詰めが全部完了するのが5月末ということではない」と述べた。首相が繰り返してきた「米国、地元自治体、与党すべての合意」を得た「5月末決着」の解釈を事実上、変更するものだ。

|

« 確かにそのとおりだが | トップページ | バカルディ 5 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事