« 「今更」エラさうに報道するな | トップページ | 民主党はいつまで鳩山に党首=総理やらせてんだ »

2010年5月30日 (日)

この件は「どつちもどつち」だ

何と言ふ、「低レベル」の争いであつたのだらう・・・・ 
今更何「離脱」してんだ「鳩山下ろし」やつてんだとコチラは、税金を使つてのおバカ茶番
計画にあきれ果ててゐる次第である・・・・・・・ あたくしだけでなく、他の有権者はオバカでない限り同ぢ心境であらう。
「井の中の蛙」とはよく表現したもので、「政界」と政界に癒着する「記者クラブ」が同ぢ井戸の中で世間様をわかつてなかつただけである。
社民党の罷免なんか、「今更」? てか離脱が今更?最初から一緒であるべきでないだろ。
今回の件で一番無責任なのは、社民党の福島だと思ふ。
なぜか
それは 「反対反対沖縄に基地は作らせないとホザくのはいひが、代替案がない」
これに尽きる。
反対するなら、誰でも出来るであらう。政権を取る前の野党時代の鳩山が同様のことをホザゐたのである。
しかし、彼も「学べば学ぶほど海兵隊が抑止力だといふこと」がわかつたのである。 そして、ここがきつと
肝心であらうが「沖縄」に替わる「代替地」が「抑止力」的意味から言つて見つからなかつたのではないか?
(ここまで真剣にやつてゐたか知らんが。本来なら、「代替地がない」ことを理解してゐることが必要)
今頃、知事に協力を求めてゐるが、沖縄の地理的位置が重要度を占めてゐれば、必然的に「代替地」は決まつてくる。
てか
こんな、素人でも思ふことをわからない人が「総理」をやつてゐたことに呆れるし、あの人にやらせてゐた民主党の責任は重大だ。
でももつと酷いのが、社民党である・・・・・・・ 代替案もないのに「沖縄に基地は作らせない」
では、だうするのか?
さうか~、半島があつたな~ 「帰化してない」と名指しもされてないのに必死になつて「隠したい」その履歴。
半島に持つて行くのですか~?
この件は、「嘘つき同士」のどつちもどつちであらう。
【週刊・中田宏】(28)福島氏罷免でごまかされるな!! (2/5ページ)
2010.5.30 12:00
このニュースのトピックス:週末プレミアム
 韓国が国連安全保障理事会で問題提起するにあたり、壁となって立ちはだかるのは中国だ。中国は調査結果を受けて、北朝鮮への態度を決めかねている。
 そんな中国に対し中田氏は、「分析結果を分析中なんて反国際社会的な対応。安保理常任理事国としての大国の責任を果たすべきだ」と真っ向から批判。「ならずもの国家を擁護するのかどうか、中国の対応を注視する必要がある」とした。
 24日には、米国が韓国と合同軍事演習を実施する方針を打ち出し、対する北朝鮮は25日、「すべての関係を断絶する」との談話を発表した。翌27日には韓国は対潜水艦訓練を実施する一方、北朝鮮が非武装地帯対空砲を搬入していたことが分かった。半島情勢は日増しに緊張感を増している。
 東アジアが現実としてこのような情勢となる中、日本の鳩山由紀夫首相は28日にようやく、迷言迷走に決着をつけて米軍普天間飛行場の移設問題をめぐる日米共同声明を発表した。
 中田氏は、「鳩山首相はいい機会を得た。今までの不明はひとまず置いて、『今こそ日米同盟が重要な時はない』と言って、自分で損ねた日米関係を正常化すべきだ」と訴えた。
【福島大臣の行為は反政権運動】
 すぐ隣の半島で緊張が高まっている中で、沖縄に乗り込んだ社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相。仲井真弘多知事との面会で「沖縄にこれ以上基地を増やしてはならない。一緒に頑張りましょう」と、名護市辺野古への移設阻止に向けて共闘を呼びかけるなど反対論に火をつけてまわった。28日の日米共同声明の発表後、ついに大臣を罷免された。
 「罷免でごまかされてはいけない。首相自身の退陣が筋ではないか」
 中田氏は鳩山首相の“選択”について手厳しくこう話す。

|

« 「今更」エラさうに報道するな | トップページ | 民主党はいつまで鳩山に党首=総理やらせてんだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事