« ほんたうだよ、早く離脱して正直に野党になれよ | トップページ | 学校の先生が国を滅ぼす 実例続々 »

2010年5月26日 (水)

いい加減まぢめにやれ

鳩山さん
毎日お勤め御苦労様です。
半年以上にわたり、鳩山さんのお勤め状態とお友達の連立政権のやうすを、「政・官」と大変仲のよろしい記者クラブの皆さんの記事・放送を通じて拝見して参ゐりました。
初めての与党(と言つても、鳩山さんたちの民主党のほとんどは自民党経験者ですよね・・・・政治の事はお分かりのはづでしたわよね・・・ 大変失礼ゐたしました)で、馴れないなか、しかも再三質疑応答で使はれるフレエズ 「前政権の残した」も背負つて、日々のお勤め大変御苦労様です。
しかもしかも、「私が政権を取つたら沖縄から基地をなくします」でしたつけ、票が欲しいために海兵隊の役割も勉強なさらないうちにホザゐてしまつた一言に引きずられ、世界に「不勉強でバカでした」と報告するやうな記者会見を行い、8ヶ月間ただひたすら税金の無駄に執したお勤め・・・・
最も、ただお勤めに執しただけでなく、奥様のダァイふあんの海外芸能人を容易に首相官邸に入れ寿司やら手料理やらで散散「首相としての特権」でお楽しみもされたやうで・・・・ こんなことでも「日本の危機管理」がなつてないと世界に露呈され・・・・・
鳩山さん
「総理になつて」、「鳩山一族」の歴代首相の名を追加したといふ嬉しさから舞い上がるのもわかりますが、「首相」といふ公的な立場上、いい加減個人のお遊びは止めてゐただかないと困ります。
個人でいくらでも「仲良しクラブ」を結成され、「クラブの解散は止めやう」「クラブから退会しないで」と引き止められるのは結構ですが、
これは「公的な」「国を動かす」政治 なのです。
60年以上、「恵まれた家庭に育つたものだから」の鳩山さんにはやうやうお分かりにはならないのかもわかりませんが、少し世界中の常識である「下々」の考えでもつて、「政治」となる活動をなさつてくださいませ。
一番、今なさる良い事は解散総選挙でござゐませう。
普天間問題、社民反発に首相「連立維持される」
2010.5.26 08:44
 鳩山由紀夫首相は26日朝、米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が反発を強めていることについて、「連立を維持できるようこれからも協議を続けていきたい。連立はしっかり維持されると考えている」と述べた。
 その上で「現在の朝鮮半島情勢の中で日米の同盟関係をしっかりと維持するメッセージは非常に重要だ。(日米関係)先行ではない。大事にしなければならない」と述べ、日米関係の重要性を重ねて訴えた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

|

« ほんたうだよ、早く離脱して正直に野党になれよ | トップページ | 学校の先生が国を滅ぼす 実例続々 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事