« とにかく辞めろ | トップページ | 昨夜は月が綺麗であつた »

2010年5月28日 (金)

物事の優先順位がつけられないと言ふより、夢遊病者みたい

鳩山氏は、「物事の優先順位がつけられない」といふより、「自分がその時々に何をしてゐるか」きちんと理解・把握してゐないのであらう。
目を開けて自ら行動をする、夢遊病者のやうなものだ。
お会社とか、大学とか、「誰かがカバーしてくれて、それで済む」世界ならいひが、「公人」しかも国の首脳が夢遊病者といふのは、致命的どころの話ではない。
この人を未だに党首として活動してゐる民主党も全員夢遊病者なのかもしれないし、総理として「連立政権」として活動してゐる他の政党も夢遊病者なのかもしれない。
社民党に至つては、国の政治の妨害しかしないので夢遊病者と言ふよりは「確信犯妨害党」であらう。
てか
なんで、「結論が決まつてゐた(としか思へない)」日米合意の前にわざわざ、知事会を開くのか。
何度も言ふが、知事会は就任直後にしておくべきものであつた。 これは絶対に「参院選得票作戦」であらう。
橋下知事も「幼稚園児レベルの結論だ」 知事会での普天間協議
2010.5.28 08:46
このニュースのトピックス:どこへ行く、橋下府政
 鳩山由紀夫首相の要請で、米軍普天間飛行場など沖縄の基地機能や訓練の分散移転について協議された27日の全国知事会。出席した大阪府の橋下徹知事は「全然だめ。沖縄の基地負担の軽減が必要なのは小学生低学年、幼稚園の子供でも言える」と知事会がまとめた合意文書を痛烈に非難した。
 知事会終了後、報道陣に感想を問われた橋下知事は「結局、誰でも言えることだけ言って、責任を伴うようなことを何ひとつ言わない。(知事会が出した結論は)うちの小学生の息子でも言ってる」と憮然(ぶぜん)とした表情で答えた。
 また、「今は本州で基地を受け入れることができませんよと、沖縄県民に対して申し訳ないという意思を表示することが重要」と指摘。そのうえで合意文書について「知事が顔をそろえて話をすることではなかった。国民から相手にされない結論だ」とばっさり切り捨てた。
日米両政府が共同声明 「辺野古」移設を明記
2010.5.28 09:24
このニュースのトピックス:安全保障
 日米両政府は28日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設に関する共同声明を発表した。移設先については名護市キャンプ・シュワブ辺野古崎地区とこれに隣接する水域とし、1800メートルの滑走路を建設すると明記した。発表に先立ち、鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領は電話会談し、共同声明の内容を確認した。
 声明によれば、シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画の3年近くに及ぶ環境影響評価(アセスメント)の手続きを著しく遅らせないとして移設地域を限定。8月末までに位置と工法の検討を完了させる方針を盛り込んだ。ほぼ現行計画通りに埋め立てる構想を軸に調整することになった。← だうして汚沢がこの近辺に土地を取得してゐるのか?
 一方で、沖縄の負担軽減策として、米軍の沖縄県外への一部訓練移転も明記された。沖縄県からの要望を受け、沖縄本島東にある米軍訓練水域の一部返還を決定。海兵隊などの在沖縄米軍の一部訓練もグアムなど日本国外に移転させるとした。また、日米訓練や米軍単独訓練の県外移転拡大で、嘉手納基地周辺の騒音を低減も明記。普天間代替施設を念頭に、自衛隊との共同使用の検討も盛り込んだ。
 移設計画は、外務、防衛担当閣僚による次回の日米安全保障協議委員会(2プラス2)までに確認することとした。国連総会が開かれる9月を想定している。これに向け、8月までに日米の専門家で工法など技術的側面について基本合意を目指す。
 ただ、今回の合意は、首相の「最低でも県外」「辺野古の海の埋め立ては自然に対する冒涜」などの発言と大きく矛盾する内容となっている。←この人をこのままにしてゐる周りがおかしい。

|

« とにかく辞めろ | トップページ | 昨夜は月が綺麗であつた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事