« お散歩した・・・ | トップページ | 嘘つき民族女! 首相についていく、とホザゐてこれか »

2010年5月 2日 (日)

この記事の発想がおかしいし太字部分、特におかしい

今、魚住昭氏の「特捜検察」を読んでゐる。
この本では、ロッキード事件の捜査を行なつた東京地検特捜部の検事たちの仕事ぶりを
取材し、描いてゐる。
まだ読み始めたばかりだが、「特捜検察」とはだのやうな仕事をするのかをテエマにした著書だと思ふ。
ロッキード事件は、当時の首相田中角栄が逮捕された事件であるが、首相だらうと誰だらうと「罪を犯したもの」は償ふべきなのである。 下記の記事全体は、さのやうな主張が見られないし特に太字部分はどのやうな真意で発言したのか不明だが、もし「検察と言へども一国の首相にまで手が出せまい。だから首相になれば逃げられる」といふ考えに基づいた発言だとすると、
常識的・道徳的・倫理的・人道的に
大変おかしい。
大変おかしい発想と言はざるをへないし、かのやうな「発想」が政界にまかり通つてゐるのならば大変なことである。
大体、「秘書の罪は政治家の罪」と自ら発言した方が有罪となつた元秘書、K氏を解雇してから一切連絡を取つてないとホザき、「責任を全うする」といふ筋の通らない言ひ訳をし、首相といふ位置にしがみついてゐることがおかしいのである。
マスゴミはそれを誰も真剣にバツシングせづに、下記のやうな「擁護論」を発表するとは、呆れ果てます。
やはり、マスコミはマスゴミだと思ひます。
それから、民主党、社民党、国民新党
これらの政党全部おかしい。
秘書の逮捕者・有罪確定者・起訴相当となつた本人のゐる政党を「与党第一党」として認めているといふこの非常識さ。
自民党。せつかく、「民主党がコケ」てくれてゐるのにこの機を生かせないとはだういふことなのか。
同じ穴の狢だから何も言へないのか?
そして、一番変でおかしいのは、「除名処分検討」の話も出ない民主党そのものであらう。
【政治部デスクの斜め書き】小沢氏「中央突破」で首相ねらう? (1/2ページ)
2010.5.2 12:00
このニュースのトピックス:小沢一郎
 「小沢一郎氏がいまの苦境を抜け出す方法が1つある。それは鳩山由紀夫氏のように首相になることだ。検察審査会も一国の首相を『起訴相当』とはなかなか言えまい。鳩山氏に対しても無理だったように」
 民主党の小沢一郎幹事長の動向を長らくウオッチしてきた政界関係者は、今後の小沢氏の行動をこう予想してみせた。鳩山首相が米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、政権運営に行き詰まり、5月末までに退陣する事態になれば、小沢氏はおそらく代表選に出馬するというのだ。
 「政治とカネ」の問題をめぐり、幹事長よりも風当たりが強まる首相の座をねらうことは普通ならば考えづらいが、「自らは潔白」と信じている小沢氏ならば“中央突破”を図るかもしれない。
 小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京第5検察審査会が4月27日、小沢氏を不起訴(容疑不十分)とした東京地検特捜部の処分を不当とし、「起訴相当」と議決したことは、小沢氏にとっては大きな痛手となった。
 検察が再び不起訴と判断しても、検審の再審査で「起訴すべきだ」と議決すると、裁判所が選ぶ弁護士が強制的に起訴する。小沢氏にとっては政治生命を失いかねない事態になる。

|

« お散歩した・・・ | トップページ | 嘘つき民族女! 首相についていく、とホザゐてこれか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事