« いい加減まぢめにやれ | トップページ | 反対するのはいひが »

2010年5月26日 (水)

学校の先生が国を滅ぼす 実例続々

あの~
かういふのは、「公務員の義務を果たしてゐない」法律違反ぢやないのですか?
いつも、公務員の犯罪に対して「公務員は憲法で身分保証されゐるから解雇できない」とかなんとか言ふ意見が出てくるが、「公務員としてきちんと義務を果たしてゐない」のは税金から給金をもらつてゐる以上、国民に対する詐欺罪と思ひます。
しかも下記のやうな実態はとッくに教育委員会はご存じのやうですよね。マスゴミに書かれると、「今知りました」的返答をして下記のやうな「対応します」になるやうですが。
校長先生の自殺などもかういふ「教論」による精神的に追い詰められた結果起きてますよね? 
といふことは下記のやうな教員と教育委員会は「間接殺人」をしてゐることになりますが、それをお分かりなのでせうか?
浜教組の行為は教育介入 義家議員指摘 文科相「まず市教委見守る」  (1/2ページ)
2010.5.26 01:20
 「横浜市教職員組合」(浜教組)が市教委が採択した中学教科書「新編 新しい歴史教科書」(自由社)を使わない「授業マニュアル」を教職員に配布した問題が、改正教育基本法に明記された学校現場への不当な教育介入にあたるとして、25日の参院文教科学委員会で取り上げられた。義家弘介参院議員(自民)が指摘した。
 答弁に立った川端達夫文科相は、浜教組の行為を改めて「不適切」と批判。教育介入にあたるかどうかについては、すでに浜教組の指導に乗り出した「市教委の対応を見守る」と述べ、言及を避けた。
 義家議員は浜教組のマニュアル配布を、教科書使用を義務づけた学校教育法や横浜市の学校管理規則に抵触する法令違反と指摘。そのうえで「(浜教組が配布した資料は)階級闘争史観、自虐史観のオンパレード」と内容面の問題点にも言及。「検定を受け、横浜市教育委員会が権限と責任に基づき民主的な手続きを経て採択された教科書を、土壇場で組合の考えで使用しないようひっくり返し政治的中立を損なう教材を持ち込むのは背信行為だ」と追及した。
 資料配布の際に、市教委事務局と市立学校約500校の間で公務文書をやりとりする運搬システム「学校ポスト」を無断利用した問題にも「公的制度の私物化だ」として文科省としての対応をただした。川端達夫文科相はさまざまな法令違反については「認識をともにしている」と答弁。「今の横浜市教委が行っている是正指導をまず見守る。市教委からは報告を受けており連携が必要なら考えたい」と述べた。

|

« いい加減まぢめにやれ | トップページ | 反対するのはいひが »

経済・政治・国際」カテゴリの記事