« けふの夢 | トップページ | 問題外の発言 »

2010年5月 6日 (木)

批判されるべきは鳩山氏だけではないはづ

鳩山さんが「与党第一党」となつた民主党の「代表」であるから、自動的に「総理大臣」となつた・・・・
さう、解釈してゐる。
それは、いい。
が、大した議席数も無いのに民主党と組んで「与党」とし、「政権」に参加してゐる政党が2ツある。
「与党」の仲間なので、これらの政党からも「閣僚=大臣」が排出されてゐる。
で、これらの政党、社民党と国民新党であるが・・・・ 
何をしてゐるのであらうか?
はつきり言へば、「党」の存在理由が無い。
特に、今朝から社民党の党首がTBS、テレビ朝日に出演してこの基地移設に関する問題に対し、発言をしてゐたが・・・・ 
聞いてゐた結論:社民党は、日本に不要だな
TBSで石破氏が、海外でトラブルに巻き込まれた日本人を助けに行くのは現行憲法で自衛隊が行けないから米海兵隊が行くといふ例を挙げた際に、社民党党首は「海兵隊はアメリカ人を最初に助けるんです、それがどうして抑止力なんですか」と発言した。
・・・・・・ バカだと思つてゐたけど、やはり社民党党首はバカだな・・・・・・ 全然話の論点がわかつてないよ。
海兵隊がアメリカ人を最初に助けるのはアメリカの軍隊だから当たり前
海兵隊が抑止力といふ話は近隣諸国に対する「軍事力」としての機能
この区別が出来てないつてことだよな・・・・・
これは、鳩山さんと同程度といふか、鳩山さんより酷いですね。鳩山さんは、わかつてなかつたけど、「やうやく」学んで「わかるやうに」なつた。
しかし、社民党党首はそのレベルにも達してない
てか
社民党としては「国外」と主張してゐたはづ。それがいつの間にか「県外」そして「首相についていきます」
そしてまた「県外、沖縄の負担を軽減するために云々」といふのは、汚沢同様選挙の票が欲しいだけであらう。
てか
最初から、「国外」と主張してゐたのは社民党だけのはづである。それが、「国内」を視野に入れて移設を検討してゐた党と一緒に政権を組むこと自体が、「虚構」といふか「嘘」といふか「大臣の椅子狙い」だつたんだなあ~と思ふ。思はざるをへない。
てか
最初から「政策」が一致してない政党が、「連立」して政権を組んでゐるのがおかしい。だから、このやうに視点が一致しない件では対応が違ふし、いつまでたつてもまとまらないのである。
社民党も国民新党も、「与党」でゐる必要無いだらう?
特に、社民党のしてゐることは明らかに「野党」のすることである。 
てか
こんな簡単なことも把握できづに、「組閣」した民主党、国民新党、社民党は、全員おかしい。
批判されるべきは鳩山氏だけでなく、これら政党の全員であらう。
普天間問題で福島氏「5月末までに、めどや方向性を出すだけでよい」 決着こだわらず
2010.5.6 11:08
 社民党の福島瑞穂党首は6日午前のTBS番組で、普天間飛行場沖縄県宜(ぎ)野(の)湾(わん)市)の移設問題について「5月末までに、県内(移設)ではないというめどや方向性を出すだけでよい」と述べ、5月末の決着にこだわらず、慎重に議論すべきだとの考えを示した。

|

« けふの夢 | トップページ | 問題外の発言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事