« 武士道を読みました | トップページ | いい加減まぢめにやれ »

2010年5月26日 (水)

ほんたうだよ、早く離脱して正直に野党になれよ

社民党は、何をしたいのだらう?
元々政策が違ふのに、議席もさうさう無いのに、なぜかくっついた「連立政権」
連立政権は発足時から、ほんたうに不思議な集団だつた。
しかしここへ来て、なんだか「本心」が露呈してきた
「大臣になりたかつた」
「与党になりたかつた」
「国民に社民党の存在をアピールしたかつた」
そんな、「私利私欲」ばかりで与党にねぢこんだはいいが、全く役に立たづに撃沈状態・・・・
参院選を前に、「得票」をめざしてただ、「非常識な空回り」をしてゐるやうだ・・・・
社民党は日本に要らない。
【主張】社民党 政府方針反対なら離脱を
2010.5.26 03:29
このニュースのトピックス:主張
 連立政権を構成する与党の党首が、政府方針を否定し、反対論を加速させようとしている。
 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)が、米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先を名護市辺野古とする政府方針に公然と反対していることだ。
 福島氏は25日、沖縄を訪問し、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事に「沖縄にこれ以上、基地を増やしてはならない。一緒に頑張ろう」と共闘を呼びかけた。これらは閣内不一致である。国家の基本である安全保障政策で政府がまとまっていないことがあってはならない。
 政府方針に反対する以上、社民党は政権を離脱するのが筋だ。
 問題をより複雑にしているのは鳩山由紀夫首相だ。首相は「閣僚として行くのはいかがかと思うが、社民党党首の立場で行くのはやむを得ない」などと曖昧(あいまい)な姿勢をとり、福島氏の沖縄入りを止めなかった。
 辺野古移設案を決断したとはいえ、県外移設に期待を持たせてきた首相の責任は重大である。国民に謝罪し、辺野古移設案への理解を求めていくことが政府の責務だが、政権にとどまるなら、福島氏にも同じ努力が求められる。
 首相は連立の枠組みが壊れるのを避けるため、社民党の意向を尊重する立場をとってきた。だが、与党内に異論を抱えたままでは、新たな日米合意と今後の政府方針の間に食い違いを生みかねない。首相は社民党を説得するか、それが無理なら、政権離脱を求めるべきだろう。
 社民党は辺野古案に反対する理由として「昨年9月の連立政権合意に違反している」と主張している。だが、政権合意は「米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む」としている。普天間問題の具体的な解決策を明示しなかった以上、政府方針が合意違反とはいえまい。
 福島氏は「新たな基地を造ることは、県民の負担軽減にならない」とも主張している。移設問題が解決しなければ、普天間の危険性は除去されない。嘉手納以南の基地返還や海兵隊8千人のグアム移転にも支障を来す。社民党の反対は、かえって負担を固定しかねないことを認識すべきだ。
 民主党の小沢一郎幹事長は「社民党のことまで私がとやかく言う立場ではない」と述べているが、連立与党を束ねる責任者として人ごとでは許されない。

|

« 武士道を読みました | トップページ | いい加減まぢめにやれ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事