« 鳩山さんや汚沢さんとそつくりの「変り身」 | トップページ | 美味しかつたお蕎麦屋さん »

2010年5月22日 (土)

命名 「無責任素人内閣」

だから、何度でも言ふが直ちに解散総選挙してください。
あたくし、今までの人生でこんなに毎日「政治」に注目したこと、ござゐませんでした。
ある意味、この政権には感謝(?)です。 しかし、税金の無駄なので直ちに「政権交代」してください。
【口蹄疫】農水相発言で迷走、遅れた接種
2010.5.22 12:16
このニュースのトピックス:口蹄疫
 口蹄疫発生現場半径10キロですべての牛や豚の殺処分を前提としたワクチン接種が22日、ようやく始まった。赤松広隆農水相は3日前の段階で開始の意向を示していたが、殺処分の補償額について「牛1頭60万円、豚3万5千円」などと発言したことで、地元から反発を受けて開始がずれ込んだ。発言は撤回した形になっているが、地元関係者からは「どうして軽々しく数字が飛び交うのか」と不信の声も上がっている。
 「おおよそ牛については60万ちょっと、豚については3万5千円前後…」
 今月19日、赤松農水相は記者会見で、農家に対する殺処分の補償についてこう説明した。すると地元は即座に反発した。
 「牛や豚にもいろいろな種類や品質がある。200万円以上の牛もいるのに、どうして一律なんだ」
 赤松農水相は翌日早々に、この金額を事実上、撤回。補償額を明示せず、家畜の時価に応じて決めるという姿勢をはっきり打ちだした結果、地元にも受け入れられた。しかし、同日午前の会見では「平均価格を取れば、大体、予算額は分かってくる。そういう意味で(60万などと)言っているので、統一価格でやるなんてことは言っていない」と不満げな表情も見せた。
 農水省幹部はこう言う。「あの数字にもともと意味はない。会見の時は、詳細が固まっていなかったのに、誰かがレクチャーした例示的な数字を、大臣が口にしてしまっただけ」
 そもそもワクチン接種など今回の対策は官邸主導このため、農水省と財務省で細部を協議している途中に対策のスキーム(枠組み)が公表されるなど「主導権を官邸に握られ、大臣は功を焦って補償額を示そうとした」との声も関係者間で漏れる。
 「政治主導はいいが、地元との軋轢の原因になってはしょうがない」。別の農水省幹部はこうため息をついた。

|

« 鳩山さんや汚沢さんとそつくりの「変り身」 | トップページ | 美味しかつたお蕎麦屋さん »

経済・政治・国際」カテゴリの記事