« けふの夢 | トップページ | 前から思つてゐたが »

2010年5月19日 (水)

さすが鳩山さん

鳩山さんの「ああ言へばかう言ふ」碌は健在ですね~、さすがです鳩山さん。
この事態に及んでのそのコメントを発するザイル30本くらいの神経。
さうです。仰るとおり、「責任問題より迅速対応」ですよね~ 
迅速対応を外遊前にしていれば、責任問題は出ないものですものね~
口蹄疫問題「責任問題より迅速措置が大事」 鳩山首相
2010.5.19 10:26
このニュースのトピックス口蹄疫
 鳩山由紀夫首相は19日朝、宮崎県家畜伝染病口蹄(こうてい)疫が急速に拡大している問題で、「県も頑張り、政府も積極的に協力しているが、感染が食い止められず拡大した事実はある。いま大事なのは、拡大させないための迅速な措置を強力にとることで、どこに責任があるとかという話の以前の問題として安心を取り戻す」と述べ、責任問題よりも迅速対応が先決だとの認識を示した。首相公邸前で記者団に答えた。
 野党側は、口蹄疫問題が起こっていたにもかかわらず、今月の大型連休中に赤松広隆農林水産相が外遊したことを問題視し、政府の対応の遅れを追及している。
 一方、首相は口蹄疫の症状を抑えるワクチン使用について、「今、さまざま検討している」と述べた。
【口蹄疫】「赤松農水相らの対応は見苦しい」 自民・石破氏 ← 一票!!
2010.5.19 12:24
このニュースのトピックス:口蹄疫
 自民党の石破茂政調会長は19日午前の記者会見で、家畜伝染病口蹄(こうてい)疫宮崎県で拡大している問題で、赤松広隆農林水産相らが政府の対応の遅れを否定していることについて「結果責任なので、『責任がない』とは政府の人間が言うことではない。非常に見苦しい」と批判した。
 また、政府がワクチン使用による感染抑制を検討していることには「今、一番必要なのは、区域を定めて(全頭)殺処分を行うことだ。やらねばならないことの順番が正しくないのではないか」と述べた。
5.19 11:15
 殺処分の対象となる牛や豚が11万頭を超え、感染拡大が止まらない口蹄(こうてい)疫。非常事態宣言を出した宮崎県では白い防護服姿の担当者が消毒する姿があちらこちらで見られ、災害派遣の自衛隊車両が行き交うなど、東国原英夫知事が訴えたように「激甚災害」の様相を呈していた。4月20日に初確認されてから約1カ月。畜産農家は「もう手遅れ。廃業しかない」と悲痛な叫びを上げた。【記事詳細】

|

« けふの夢 | トップページ | 前から思つてゐたが »

経済・政治・国際」カテゴリの記事