« 逃げ道だつたのか | トップページ | けふの夢 »

2010年6月14日 (月)

台本は同ぢ、出演者だけ変更の大バカドラマみたい

毎回毎回、自民党政権とおんなぢ道を歩んでくれますよね~、民主党は。
あれだけ自民党批判しててな~に?と思ふが、一方で思ふことは、
「自民党は今まで自分たちがしてゐたことを民主党にされてゐるだけである」と言ふことに気付いてゐるのかといふことである。
自民党から、民主党批判の言葉は出るが「過去の自分たちのやり方」に関するコメントが出たことがない。
しかし、見てゐる側からは「台本と監督は同ぢ」で出演者らだけ変更になつた「ドタバタ劇」を見させられてゐるのと変りは無い。
ここで聞きたいのは、自民・公明の連立は(連立だつたはづなのに、いつもコメントが出てくるのは自民党議員のみだ)、過去の自分たちのやり方をだふ捉え、今後政権を奪い返したときに反映するのかといふことである。
それが無いのなら(無いとしか思へないが)、二度と政権は取れないであらう。
国民がうんざりしてゐるのは、自民党の今までのやり方なのである。
だから、民主党に票が流れたのである。
その民主党も絵に描いたやうに、(まるで線路があつたやうに)自民党路線を突つ走り(鳩山さんは突つ走りのあまり、自民党よりも大きく暴走し)、国民を呆れさせた。
正直、民主党にも自民党にも呆れてゐるのが国民の心情であらう。
荒井さんは、きやみそーる で答弁してくださるのでせうか? 中々お似合いのやうですが。
与党、16日閉会を提示 予算委員会、党首討論ともに行わず 野党は一方的打ち切りと反発
2010.6.14 11:55
 民主党の樽床伸二国対委員長は14日午前、国会内で開いた与野党国対委員長会談で、会期を17日までの1日だけ延長し、衆参両院の予算委員会で質疑をするとしたこれまでの案を取り下げ、会期末の16日に閉会する案を提示した。予算委員会党首討論も実施しない方針だ。野党側は予算委員会の開催を求めたが、与党側は応じない構えだ。
 これに対し、川崎二郎国対委員長は会談後、国会内で記者会見し、「一方的な打ち切り通告だ。最初から予算委員会もせずに逃げるというのか。(不祥事が発覚して)答弁できなくなった閣僚が出たからではないか」と反発した。
 与党側は11日の与野党幹事長会談で、会期末の日程について、16、17両日に予算委員会を開催する案と、会期は延長せず16日に党首討論を行う案の2案を提示していた。このときは協議はまとまらず、14日に再協議することになっていた。

|

« 逃げ道だつたのか | トップページ | けふの夢 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事