« 矛盾する発言 | トップページ | 発言の意味をわかつてないな・・・・ »

2010年6月16日 (水)

無責任なのはやはり社民党

  
社民党は、代替もないのに「削減」だけ。日本から奪うだけ奪つていくだけの
無責任政党。はつきりと「北朝鮮崇拝党」とでも言へば。日本のためにならないことを
ここまであからさまに出してくるのなら、日本にゐなくてよい。
何度も言ふが、阪神・淡路大震災の時に「平常どおり」公務をこなした社会党が
名前を変えただけと思ふ。
国民新、新党改革、社民、日本創新各党が政権公約を発表 (1/2ページ)
2010.6.16 19:49
 国民新、新党改革、社民、日本創新の各党は16日、参院選の政権公約を発表した。社民党は米軍普天間飛行場の移設問題について「日米合意の見直し」を訴えている。国民新党は外国人参政権と夫婦別姓に反対するなど保守色を打ち出した。公約要旨は次の通り。
 【国民新党】
 一、外国人参政権と夫婦別姓に反対。
 一、自主防衛力の計画的強化。
 一、平成の自主憲法創設のため、憲法論議の再開促進。
 一、沖縄だけに米軍基地の負担が集中するいびつな構造は、訓練の移転、基地の非固定化、自衛隊と米軍の連携強化などを通じて是正。
 一、今後3年間で総額100兆円規模の経済対策を実現。5%以上の名目国内総生産(GDP)成長達成を目安に、経済成長による財政健全化を図る。
 一、中小企業や住宅ローンなどの支払い猶予制度を継続する。
 一、無利子非課税国債を新設する。
 一、郵貯・かんぽ資金を戦略的に運用する。
 一、日本郵政グループの非正規社員のうち約6万5000人を正規社員に転換。
 【新党改革】
 一、金のかからない選挙を実現。企業・団体献金は廃止。
 一、国会議員定数を半減させることで議員の質を向上させる。
 一、衆院小選挙区制を廃止し多様な意見が反映される選挙制度に改革。
 一、平成32年ごろに消費税率を10%以上にしなければ財政は立ち行かない。食品などに複数税率を導入。法人税を25%に引き下げる。
 一、独自の税や規制を決める「大阪特区構想」を通じて、日本を元気にさせる。
【社民党】
 一、日米軍事同盟依存を弱め、集団安全保障システムを構築。← 具体的にどんなシステム?普天間飛行場の県外・国外移設を目指す。
 一、北朝鮮との国交正常化交渉を再開し、拉致と戦後処理問題解決を目指す。
 一、平和憲法の理念の実現を目指し、自衛隊を縮小・再編する。←「日米軍事同盟依存を弱め」「自衛隊を縮小」して「集団安全保障」システム構築??
 一、国会の憲法審査会での改憲案作成には反対。←「国会の憲法審査会」以外の改憲案作成はいいのか?そもそも、「国会」は国民の代表が協議する場なのに、そこでの改憲案作成に反対するのは、だういふことか?
 一、労働者派遣法を改正する。
 一、脱原発で核燃料サイクル・再処理を中止。←代替燃料は何?どこで製造するの?
 一、消費税を引き上げず、食料品は実質非課税とする。←財源はだうするの?
 一、外国人地方参政権付与と選択的夫婦別姓実現。←完全に、日本に不要
 【日本創新党】
 一、「子ども手当」を廃止し、所得制限を設けた上で教育や保育に使途を限定したクーポン券「子育て応援券」を導入する。
 一、集団的自衛権の行使を可能にするため憲法解釈を変更。
 一、外国人地方参政権や選択的夫婦別姓、人権擁護法案などに反対。
 一、消費税率を段階的に10%まで引き上げ、社会保障財源、地方財源に充当。
 一、国会議員と地方議員の定数を半減させるとともに、国家公務員の数を3分の1削減。

|

« 矛盾する発言 | トップページ | 発言の意味をわかつてないな・・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事