« 歓迎・・・・・・? | トップページ | 貴方も静かにしててください »

2010年6月 9日 (水)

ほんたうにわかつてないな・・・・ある意味感動すら覚える。

原口氏の頭脳の低さは、野党時代から懸念してゐたがやはり酷い。
加えて汚沢の「国民の意思」無視にはある意味、感動すら覚える。「国民の意思」無視と
いふより、やはり汚沢は日本語が理解できないのであらう。
だから、いつまで経つても壊れた「蓄音機」のやうに「昭和歌謡曲」かなんかを繰り返してゐるのだ。
2010年6月9日 21時17分
<小沢前幹事長>菅政権を「支えて頑張れ」と原口総務相激励
 原口一博総務相は9日のテレビ朝日の番組で、民主党の小沢一郎前幹事長と7日に会談し、「(菅政権を)支えて頑張れ」と激励されたことを明らかにした。原口氏は番組後、記者団に「新しい体制をどう支え、懸案に立ち向かっていくか。特に鳩山内閣でできなかったことの総括と、党に求められているものを話した」と述べた。
 会談は、原口氏が要請し、東京都内の小沢氏の個人事務所で約30分間行われた。小沢氏からは選挙の公認調整など自民党時代の話もあり、原口氏は「大変参考になった。時々遊びに行って勉強したい」と述べた。←これが、国民から嫌気が指されてゐるのに、なぜわからないのだらう??? 原口も汚沢も新党作つて、日本国民から散散な不信任を得て日本国から出立せよ。
 非小沢氏系の多い菅内閣の中で、原口氏は小沢氏に近く、鳩山由紀夫前首相の辞任に伴う党代表選では、小沢氏に近いグループが原口氏を推す動きもあった。【笈田直樹】
2010年6月9日 19時11分 (2010年6月9日 20時38分 更新)
「一兵卒として尽力」と小沢氏 枝野幹事長と会談
 民主党の小沢前幹事長は9日夕、事務引き継ぎのため国会内で枝野幹事長と会談し、難航する参院選沖縄選挙区の候補者擁立などについて意見交換した。会談はわずか2分間で終了。小沢氏はこの後、記者団に「私自身は一兵卒として当面、参院選の勝利に少しでも役に立てるよう微力を尽くしたい」と執行部に協力する姿勢を強調。←菅氏の「静かにしてたはうがいい」が正論だと思ふよ。まだわからないのか。 菅内閣にも「国民の信頼を回復し、良い結果を得られるよう心から期待している」とエールを送った。←だから、雲隠れして静かにして。

|

« 歓迎・・・・・・? | トップページ | 貴方も静かにしててください »

経済・政治・国際」カテゴリの記事