« 民主党は解散総選挙すべきであるし、マニフェスト記載の「教育」に関しての対処を真剣に考えろ | トップページ | 台本は同ぢ、出演者だけ変更の大バカドラマみたい »

2010年6月14日 (月)

逃げ道だつたのか

「な~にを言つてんのかなあ」つて思つてをりました。 聖地を汚すやうなことしやがつてと思つてをりました。
しかし、理由がわかりました。 今までは「健康」を理由とした病院逃げ込みだつたやうですが、国民の同情を引くためには熊野古道が効果的と思はれたのでせうか、いずれにしろ
「汚」沢さんですわね。
2010年6月12日 18時56分
小沢氏「自分洗い直し努力」 地方行脚で熊野古道散策
 民主党の小沢一郎前幹事長は12日、辞任後初の参院選に向けた地方行脚として和歌山県入りし、田辺市で世界遺産の「熊野古道」を散策。記者団に「古道を歩くと身も心も再生する。自分をもう一度洗い直し、全力で努力していく」と現在の心境を語った。菅政権誕生による内閣支持率回復について「本当によみがえったかどうかわからないが、国民が『よろしかろう』と判断してくれればいい」と強調した。
2010年6月11日 18時51分 (2010年6月11日 19時29分 更新)
<民主党>小沢氏の政倫審出席は応じず 「時間的余裕ない」
 民主党は11日、野党側が求めていた小沢一郎前幹事長の衆院政治倫理審査会への出席について、今国会は応じない方針を固めた。国会内で開いた与野党幹事長・国対委員長会談で、民主党の枝野幸男幹事長が「今国会中での時間的余裕がない」と伝えた。枝野氏は幹事長就任直後の7日、「本人の希望がベースになる」と小沢氏の判断に委ねる姿勢を示していた。
 また、会談では、16日に党首討論を行うか、国会の会期を1日延長して16、17日に衆参両院で予算委員会を開くとの民主党の提案についても議論したが、結論を週明けに持ち越した。【大場伸也

|

« 民主党は解散総選挙すべきであるし、マニフェスト記載の「教育」に関しての対処を真剣に考えろ | トップページ | 台本は同ぢ、出演者だけ変更の大バカドラマみたい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事