« トウゼンの話 | トップページ | え??? »

2010年7月 3日 (土)

野球に例える前に

自分らが日本に不要だと言ふことを自覚しろよ。
「外国人参政権」なんか公約に記載してゐる党が日本の政治に関して口出しするな。
福島氏、比例削減に反対「巨人・阪神戦だけじゃつまらない」 二大政党政治に警戒感
2010.7.3 12:37
 社民党の福島瑞穂党首は3日の記者会見で、菅直人首相が参院選後の臨時国会で衆参両院の議員定数削減に関する法案の成立を目指す考えを示したことについて「比例定数の削減には明確に反対だ。二大政党制がもっと進み、しかもその二大政党が極めて似てしまう」と述べ、比例代表の定数削減に反対する考えを重ねて強調した。
 同時に、「例えばプロ野球で巨人・阪神戦しかなかったらつまらない」と述べ、民主、自民両党による二大政党政治の進行に警戒感をにじませた。さらに「選挙制度のあり方も含めて見直し、むしろいろんな意見を反映させる意味で比例区を重要視すべきだ」と語った。

|

« トウゼンの話 | トップページ | え??? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事