« 嘘つきの友は嘘つき | トップページ | だういふ事? »

2010年7月15日 (木)

素朴な疑問

口蹄疫が発生した当初の国の対応は最低だつた。 
で、素朴な疑問なのだが、
ここまで問題を大きくした国の責任者たちは、自らの個人資金から義援金を送つたのだらうか?
口蹄疫】産経読者の義援金2500万円を宮崎県に
2010.7.13 21:00
 口蹄(こうてい)疫で甚大な被害を受けた宮崎県の畜産農家の支援に役立ててもらおうと、産経新聞社執行役員の北村経夫九州・山口本部長が13日、同県庁を訪れ、本紙読者らから寄せられた義援金約2500万円の目録を河野俊嗣副知事に贈呈した。
 本紙では5月27日から約1カ月間、紙面や各地のイベントで義援金を募集。総合エンジニアリング会社「アイテック」(大阪市)からの寄託(778万4千円)を含め団体や個人から約1600件、計2507万9313円が集まった。
 この日、北村本部長が目録とともに、読者から届いた「牛さん、豚さんのご冥福をお祈りします」「農家のみなさん頑張ってください」などの励ましの手紙を手渡すと、河野副知事は「農家の方々のために大切に使わせていただきます」と謝辞を述べた。

|

« 嘘つきの友は嘘つき | トップページ | だういふ事? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事