« 結局改善されてない年金問題 | トップページ | 何しに来るんだ »

2010年7月29日 (木)

以前から「北朝鮮」

夕方のフジテレビのおにゅーすで、中継(?)されてゐたがその際に一議員が
突然マニフェストの内容が変更になつてゐたことについて、「いつからうちは北朝鮮になつたのですか!」と激高してゐる場面が繰り返し放送された。
今更、「北朝鮮になつたのですか!」と言ふことではないと思ふぞ。
汚沢がゐるときから、いちいちあいつが決まつたことに口出しをし、鳩山など自分が「党首」と言ふのも忘れて汚沢の言ふとおりに変へてゐたのだから、元々「北朝鮮」だつたのだらう。
それに気付かづに、今まで「民主党党員」をやつてゐたのだらうか?
やはり民主党党員は、日本国とズレてゐる。 
早く相応しひ、「半島」へ御移住くださいまし
責任論続出、退陣要求も=菅首相、消費税発言で陳謝―再選出馬を表明・民主両院総会
7月29日20時5分配信 時事通信
 民主党は29日午後、大敗した参院選を総括するため両院議員総会を東京・永田町の憲政記念館で開いた。菅直人首相(党代表)は、公約になかった消費税増税を自身の判断で掲げたことを「不用意な発言で、重い、厳しい選挙を強いたことを心からおわびする」と陳謝。その上で、9月の党代表選に触れ「わたし自身の行動を含め、判断してもらう」と述べ、再選を目指して出馬の意向を事実上表明した。一方、出席者からは、首相の退陣を含め責任を問う声が相次いだ。
 首相としては、同日の両院総会で責任問題に区切りを付け、30日召集の臨時国会を乗り切ることで、再選への流れをつくりたい考えだった。首相の続投に根強い不満があることを裏付けた形だ。
 冒頭、あいさつした首相は、参院選大敗を陳謝し「全員野球で政策実現にまい進しないといけない」と党の結束を呼び掛けた。これに対し、出席者からは「首相自ら責任を取るべきだ」(中津川博郷衆院議員)、「戦争で大敗北した責任を最高司令官が取るのは当たり前だ」(川上義博参院議員)などと退陣を求める声が噴出。一方で、「辞めること自体が無責任だ」(近藤和也衆院議員)と、首相の続投を支持する意見も出た。
 出席者の声を受け、首相は改めて発言し、代表選出馬を事実上表明。同時に「現在の執行部の態勢で少なくとも代表選までは対応させていただきたい」と述べ、再選されれば執行部を交代する可能性を示唆した。 

|

« 結局改善されてない年金問題 | トップページ | 何しに来るんだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事