« 一理あるが | トップページ | 井の中の蛙の民主党 »

2010年7月14日 (水)

やる気が無いやうに思ふ

支持率の件 ・・・・・・ 人の言ふことをきちんと聞いてないのか? 
「国民の声」もどれだけ聞くのか疑問。
ロシア国際会議にルーピー氏を送り込む件 ・・・・・・ ロシア側が鳩山氏に出席要請したと見えるが、ロシア側の「北方領土返還しません」政策に乗せられてゐるだけでは?
てか
民主党は日本のために政治を行なふ気が無いのがモロバレだな。 
首相、支持率下落「大変うれしい」? 勘違い…釈明
2010.7.14 07:09
このニュースのトピックス:菅首相
 菅直人首相は13日、報道各社の世論調査で内閣支持率が30%台に下落したことを記者団に問われ「大変うれしいです」と答えた。質問は「首相続投の声が5割を超えているが、支持率は30%台に落ち込んでいる。どのように受け止めるか」との内容。首相は前半部分を念頭に、勘違いした可能性が高い。
 首相は答えるとすぐに立ち去ったため、記者団は確認の質問ができなかった。首相秘書官は約2時間後、「質問が正確に聞き取れず、続投支持率という概念が通常使われないことから質問の意図と異なる返答を行った」と文書で説明した。
2010年7月13日 19時31分 (2010年7月13日 22時40分 更新)
<日露首脳会談>9月は見送り…鳩山前首相が国際会議に出席
 菅直人首相は13日、9月にロシアのヤロスラブリで開かれる国際会議に合わせ、現地で予定されていた日露首脳会談を見送ることを決めた。9月は民主党代表選があり、国内政局を優先した。首相は同日、鳩山由紀夫前首相と党本部で会談し、首相に代わって国際会議に出席するよう要請、鳩山氏も了承した。

 ロシアのメドベージェフ大統領は4月に米国で行われた日露首脳会談で、当時首相だった鳩山氏に国際会議への出席を要請。6月のカナダでの主要8カ国首脳会議(G8サミット)、11月の横浜でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)と合わせ、年3回の首脳会談で一致。北方領土問題や経済協力交渉の進展が期待されていた。

 仙谷由人官房長官は13日の記者会見で、首相が欠席する理由について「9月がどういう事態か流動的だ。鳩山氏のアプローチと情熱のかけ方からみて、行ってもらうのがふさわしい」と説明。しかし、鳩山氏では領土問題の踏み込んだ議論は難しく、問題解決の進展につながるか不透明だ。【野口武則

|

« 一理あるが | トップページ | 井の中の蛙の民主党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事