« 国際的常識の無い民主党と嘘つき民族 | トップページ | 世にも不思議な政府財政 »

2010年8月10日 (火)

投票した奴のばか

こんなところで、勝利するから調子に乗つて締結条約の反古なんかやりだすんだ。
選挙民は、少し全体的に民主党のやつてゐることを見ろよ
てか
なんでマスゴミは民主党の「アラ」を放送しないの? あれだけ自民党の時にはしつこくx100放送したくせに、民主党のことになるとれんほーの痴漢秘書のことを放送したのは1局であつたし鳩山・菅・仙谷の「都合の悪い」発言を放送したのも殆ど無い。
全部ネットから知つた。
マスゴミも民主党と一緒に日本から出てくれ。
オマエらは、揃つて人間の恥だ
長野県知事選 接戦の勝利で民主、束の間の安堵 自民、回復基調に乗り切れず
2010.8.9 18:26
このニュースのトピックス:民主党
 参院選後初の大型地方選となった8日の長野県知事選で、民主党などが推薦した阿部守一氏が初当選したことで、民主党執行部は胸をなで下ろしている。
 参院選で大敗した民主党は「党再生への第一歩となる」(安住淳選対委員長)として、知事選勝利を反転攻勢のきっかけにしたい考えだ。しかし、自民、公明両党が支援した候補者との票差はわずか約5千票。もともと民主党が強い長野での接戦の勝利は、つかの間の安(あん)堵(ど)を与えただけともいえそうだ。
 枝野幸男幹事長は9日、記者団に「直接、国政へ
影響(を与える)というのは違うが、心理的には間違いなくよい影響与える」と述べ、菅政権の今後の政権運営に好影響を与えるとの見方を示した。
 7月の参院選で、民主党は改選2の長野選挙区に2人を擁立し、1人を落選させた。県連内にしこりが残る中での戦いだった。それだけに、知事選に敗北していれば、菅直人首相や党執行部の求心力がさらに弱まりかねなかった。接戦の勝利に別の民主党幹部はほっとした表情で「1票差でも勝ちは勝ちだ」と語った。
 一方、長野県知事選の結果は、参院選で勝利した自民党の党勢が本格的な回復基調に乗っていないことも示した。同党の大島理森幹事長は「結果を謙虚に受け止め、地方組織の強化を図る」とのコメントを出した。
 8月29日には香川県知事選が控えており、長野のような対決の構図となれば、勝敗は9月14日の民主党代表選にも影響を与えそうだ。

|

« 国際的常識の無い民主党と嘘つき民族 | トップページ | 世にも不思議な政府財政 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事