« 「評価」以前に「評価対象」になることをしてないだらう | トップページ | 何と言ふ、低レベルの争い!! »

2010年8月31日 (火)

汚沢さん はつきり言ふがあーたの「日本語」、おかしいよ!

汚沢さん
前から思つてゐたが、あーたの口から出てくる「日本語」はおかしいよ。
話し方の問題なのか知らないが、「何が言ひたいの?」と聞いててイライラゐたします。
しかも、ばかのやうに同ぢ言葉を繰り返す。
結論が最初に見へない。
日本人が通常使用してゐる意味と違ふ意味で単語を用いてゐる。
上記3点のうち、上から2番目まではよく世間に「頭のいひ人の話し方」とか「効果的な話し方」本があるが、それらの本が「やつてはいけない」見本として挙げてゐることだと思ふ。
はつきり言へば、「頭の悪い人の非効果的な」話し方です。
聞かされるこちらは大変イライラゐたします。よくまあ、これで「政治家」なんか続けてゐられたものだとひたすら感心。あーたに投票する地域の問題なのか、金をバラ撒いて票を買つてゐるのか知りませんが、「テレビ討論会」を開いて視聴者投票にしたら、間違ひなく「不正」が無い限り誰も投票しないでせう。
それくらい、聞かされてイライラしますし「こいつ何がしたいんだよ」と思ひます。
あたくしのお勧めは、「無理に意味のわかつてゐない日本語」で話すより日本をご出立なさりいちいち意味を考へなくても話せる言語の地域にお行きになつて好きなやうになさることです。
だうせ、この↑意味がお分かりにならないでせうけど、あへて言ひます。
【民主党代表選】「不肖の身だが、正々と臨みたい ←唖然 こんな場面で「正々」ととは!「正々」なんて言はづもがなをわざわざ言ふ意味は何だよ?これまでの「不正正」が走馬灯のやうにあーたのアタマには廻つてゐるワケ?」小沢氏の会見詳報(31日夕) (1/4ページ)
2010.8.31 19:49
このニュースのトピックス:小沢一郎
 民主党の小沢一郎幹事長は31日夕、党本部で記者会見し、9月1日告示の党代表選について「出馬する決意をした。微力の不肖の身だが、正々と選挙戦に臨みたい」と語った。
 会見詳細は以下の通り。↓結論から言へよ、世間様は忙しいんだよ、民主党の無能政策のせいで。いちいち聞いてゐる時間無いの!
 「明日から始まります党代表選挙につきましては、先般申し上げた通りのことでございまして、不肖の身でありますが、代表選挙に皆さんのご推挙をいただいて、出させていただきたいという決意をいたしましたということを申し上げたわけでございますが、その後、皆さんご存じの通りの経過でありまして、特に鳩山(由紀夫)前首相が、このときにやはり、挙党一致の態勢をとって、力を合わせてこんにちの危機的な状況、特に経済の不透明な状況を乗り越えて克服していかなくてはならない。そういうお考えのもとに、再三にわたって菅(直人)首相とお話をなさったわけでございます」
次のサイトの分は、あまりに酷いので省略。
3ペイジ目も更に酷いので省略
「いずれ明日、記者会見がまたあるということでございますので、そのときに自分の主張やら政策やら、申し上げるつもりでございますし、十分な時間をとってあるようでございますので、←時間がなくても、結論に至るまでに4サイト!! 今日は今までの経過や、そして先般申し上げましたように、自分自身、ずいぶん決断をするまでに自分に問いかけながら熟慮した結果でありますけれども、大勢の仲間の皆さんにご推挙いただいて代表選挙に出馬するという決意をしたところでございます」

 「本当に微力の不肖の身でありますけれども、仲間の皆さんのお力添えをいただきながら、そして報道の皆さんにもご指導いただきながら、← ???? あーた、以前報道に向つて「きみたちの報道の仕方が悪い」とか文句ホザゐてましたよね? ご指導つて何のゴマスリ??? ひたすら税金のムダだよ、あーたは!きちんと正々と選挙戦に臨んでまいりたい。そのように考えておるところでございます。以上、若干長くなりましたが、経過の報告と私の出馬の決意←国民無視の決意かよ? ほんたうに白々しい「国民の生活が第一 民主党」の看板前の会見。 「国民」の前に「中韓」とつけて正直に嘘の無い事を表明してくださいませんか? ほんたうに「日本国民の生活が第一」で日本国民の意志を尊重するなら、出ませんよ、代表選なんか! それともやはり日本語がわからなくて世論調査の数値その他が理解出来ない?? を改めてお伝え申し上げまして、ご報告、ごあいさつに代えます。どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました」

(以上)

|

« 「評価」以前に「評価対象」になることをしてないだらう | トップページ | 何と言ふ、低レベルの争い!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事