« 素人が行き当たりばつたりで行なつてゐるやうだ。 | トップページ | きのふの夢 »

2010年8月 8日 (日)

味覚障害を引き起こすもの

濃い味付けのスナツク菓子
一般に市販されてゐる「口当たりのよい」食べ物
これらは味覚障害を引き起こすであらう。
きのふ、おぷーるへ行く前に食事をするのが面倒臭かつたのでスナツク菓子を食べてゐた。
スナツク菓子といふのは、後を引くといふか、「食べだしたら中々止まらない不思議」がある。
これがきつと、「また食べたい」といふ心理を引き起こし売上継続に繋がる、売り手の手法なのであらう。
しかし、時々ならいひが
ずつと「ご飯代わり」に子供に与えてゐたらだうなるか?
味覚障害を引き起こすことは間違ひない。
小袋を一つ食べただけで、ずつと口の中に「濃い味」が残つてゐた。
これだけ強烈な味が残れば、この後に出汁の味中心の煮物や和食は「物足りない味」に感ぢられ洋食方向に向かふのも無理は無い。
しかし
それは、食べ物本来の味を味はう機会を失つてゐると同時に、食べ物本来の味を味はう能力も失ふことに繋がつてゐると思ふ・・・・・・ 

|

« 素人が行き当たりばつたりで行なつてゐるやうだ。 | トップページ | きのふの夢 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事