« つくづく同意!! | トップページ | 今頃「勉強会」とは »

2010年8月13日 (金)

一ヶ月も経つて?

今頃何を言つてゐるのであらう?
てか、「天災は忘れた頃にやつてくる」ぢやないけど妖怪海ボーズのやうに
「忘れた頃に」あれこれホザくよな、こいつは。
てか、日本語をお分かりではないのだな~といつもいつも思はせてくれる汚沢さん、正直になつて日本からお出になり、日本語を使はない世界でご活躍くださいませ。
小沢氏が参院選大敗をお詫び2010.8.13 00:55
このニュースのトピックス:小沢一郎
 民主党の小沢一郎前幹事長が12日に発行したメールマガジンで、参院選の結果について「皆様のご尽力にもかかわらず、改選議席を大きく減らし、ねじれ状態をもたらす結果となりました。深くお詫(わ)び申し上げます」と陳謝した。小沢氏は参院選で同党が大敗して以降、表立った発言をしてこなかっただけに、9月の代表選を控え、憶測を呼びそうだ。
 小沢氏は今後の党のあり方にも触れ「民主党は原点に戻り、皆様のご期待に応えるべく、『国民の生活が第一』の政策をひとつひとつ実行し、誰もが安心して暮らせる社会の実現に尽力して参ります」と訴えた。←「皆様のご期待に応えるべく」なら早く解散総選挙して二度と国会議員に立候補しないでください。
代表選については言及しなかった。
 民主党内には、ねじれ国会を乗り切るため、小沢氏の政治手腕に期待する声がある。小沢氏に近い松木謙公国対筆頭副委員長は「代表選にはぜひ小沢さんに出てほしい。政策に重点を置き、去年の夏から一番ぶれていないのは小沢さんです」と出馬を求めている。←元々、国民=日本人の意識からぶれてゐるのであるから、日本からお出になつてご活躍くださいませ。
 だが、政治資金収支報告書の虚偽記載事件をめぐり、東京第5検察審査会は今秋にも小沢氏を強制起訴すべきか最終判断する。党内では「『政治とカネ』の問題が小沢氏の政治活動を制約している」(中堅)との見方が大勢だ。自重を求める声も根強いなか、小沢氏は雌伏の日々を強いられている。

|

« つくづく同意!! | トップページ | 今頃「勉強会」とは »

経済・政治・国際」カテゴリの記事