« 「国の指導者」以前に、「税金で給金貰ふ国民の代表」といふ立場が不適格 | トップページ | 葫を加へてみた »

2010年8月27日 (金)

理解が出来ない「刑場公開」とマスゴミのレポート

千葉と名乗る女の、落選して国民から拒否されたにも関はらづ恥ずかしげもなく「法務大臣」として世間に顔を出し、落選したとたんに死刑執行命令書に署名し自らその刑の執行に立会ひ、次には「刑場公開」とするこの一連の思考が全く理解が出来ない。
何をしたいのであらう? 
てか、「死刑執行刑場公開」として「情報公開」が進んだとマスゴミはレポートしてゐるがこの情報は公開を積極的にすべきものなのだらうか? 公開の意味がわからない。公開して、だから何?
何のための公開なの?
そもそも、「死刑判決」が下され確定したのちには、遺族は死刑執行がいつ行なはれるのかを気にするだらうが、はつきり言へば「他人事」である世間は忘れてゐる。
といふか、この死刑刑場の写真を見てあたくしが思つたのは、「こんな綺麗なところで死ねるんだ」であつた。
殺された被害者はだのやうな場所で、何をされて死に至ることとなつたのか?
それを遺族が知つてゐるなら、こんな綺麗なところで牧師さんとかお坊さんまで望めば来てくれて最後にタバコだの好きなものを食べられて死ねる、といふことは遺族は絶対に赦せないであらう。
この「綺麗な死に場所」の公開こそ、遺族の神経を逆撫でするものではないのか?
「死刑の是非を問ふ」といふのが狙いだと言ふが、「是非を問ふ」必要があるのか?
無いと思ふ。
【刑場公開】視点・死刑を考える契機に 無機的な現場も身につまされた
2010.8.27 11:18
このニュースのトピックス:死刑制度
 死刑制度について国民的議論を呼びかける千葉景子法相の指示で27日、東京拘置所の刑場が公開された。刑場の一部には立ち入りが許されなかったことなど、完全な公開とはいえないものだったが、これまで厚いベールの奥にあった「死刑」について、情報公開が進んだことは評価できる。
 千葉法相は先月、2人の死刑囚に対する死刑執行命令書にサインした上で、執行にも立ち会った。法相が死刑廃止論者だったこと、そして、就任から約10カ月間執行しなかったにもかかわらず、参院選で落選した後というタイミングで執行されたことには、分かりにくさも残った。
 ただ、今回の公開で、死刑囚の首にかけられる絞縄(こうじょう)もなく、踏み板も開かない、極めて無機的な刑場を見ただけでも、身につまされる思いがした。これを考え合わせると、実際の執行に立ち会うという決断自体が、相当重いものだったことは、想像に難くない。死刑囚の死を確認するスペースへの立ち入りが許可されなかったことも、そこが厳粛な空間であることを考えれば、納得もできる。
 世論調査では死刑制度を容認する声が85%以上と高水準にある。そして、法に明確に規定されている以上、執行命令書へのサインは法相の責務であり、執行も粛々と行われるべきだ。
 しかし、これまで死刑という刑罰について、どこか思考停止していた面はなかったか。死刑囚、被害者や遺族、執行のボタンを押す刑務官らの思いを斟酌(しんしゃく)することはあっただろうか。
 裁判員裁判のもと、国民が究極の刑罰の選択を迫られる日はそう遠くない。死刑への賛否はさておき、今回の刑場公開が、死刑について思いをめぐらせる契機になることが期待される。(酒井潤)

|

« 「国の指導者」以前に、「税金で給金貰ふ国民の代表」といふ立場が不適格 | トップページ | 葫を加へてみた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事