« 解党して政界から消滅すべき政党その弐 | トップページ | JAL無くていひだろ »

2010年8月26日 (木)

政治批判おぶろぐぢやないのに!!

毎日毎日、怒りに駆られる、政治の失態と嘘と国民様無視の連続。
このおぶろぐは「政治批判おぶろぐ」ぢやないのに、怒りのあまり政治批判せざるをへない状況に心底アタマに来てをります。
なんですか、民主党の「自分中心主義」は。
景気が悪く、円高が進み、株価が下落し、外国人へのばらまき子供手当てを始めとした無能政策で財源を圧迫してゐる状況で、改善に向けて、与党第一党として「一丸となつて」取り組んでゐないどころか山岡と名乗る副代表自らが、代表である菅に楯突く 「足の引っ張り合い」を演ずるとは!!
これぞ、「ザ・税金の無駄」
死ねよ
まぢで、言ふ、心から言ふ  税金のムダを自分らの私財から国に補填して死ね 
ここまで来たらあたくしのおホザキを暴言とは思はない! 国民の真の声と思へ
民主党党員全員と社民公明その他日本人のためにならない政策や法案を
進めてゐるやつら全員、激烈な天罰が当たつて、死ね!
【小沢氏出馬】菅首相と一騎打ちへ 来月14日の投開票に向け多数派工作激化
2010.8.26 09:01
このニュースのトピックス:菅首相
 民主党の小沢一郎前幹事長は26日午前、党代表選をめぐり鳩山由紀夫前首相と都内で会談した。終了後、記者団に対し、代表選に出馬する考えを表明した。再選を目指す菅直人首相との一騎打ちになる見通しだ。
 小沢氏は「鳩山由紀夫前首相から、出馬を決断するなら全面的に支援していきたいとの言葉を聞いたので、鳩山氏の前で出馬する決意をした」と述べた。
 鳩山氏は、出馬を表明した小沢前幹事長を「応援する」と記者団に述べた。
 小沢氏は参院選敗北の責任や昨年の衆院選マニフェスト政権公約)見直しなどで首相批判を強めていた。小沢氏が抱える政治とカネ問題なども争点に、9月14日の投開票に向け、両陣営の多数派工作が激化する。
 党内では、前原誠司国土交通相や野田佳彦財務相らのグループが首相を支持する一方、最大勢力を誇る小沢氏グループが中心になって小沢氏擁立を模索し、激しい前哨戦を展開した。対立先鋭化を回避するため、鳩山前首相が小沢、菅両氏の仲介役として動いたが、不調に終わった。
 これまで小沢氏は首相の政権運営について「官僚主導が目立つ」と批判。長野県軽井沢町で19日に開かれた鳩山グループの研修会に出席した後、24日夜には鳩山氏と会談し、出馬の有無について「一両日中に判断したい」と述べていた。

|

« 解党して政界から消滅すべき政党その弐 | トップページ | JAL無くていひだろ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事